放射線副読本の回収要請

福島県の教育委員会および関係部門に以下の要請をメールで送付した。 文科省が昨年11月に改定(改悪)された放射線副読本の内容について市民や学者から 多くの批判がでています。又滋賀県野洲市では放射線副読本の回収を決定しました。 是非、被災県の福島県としても専門家検討委員会(福島大学の後藤准教授らも入れた)を 立ち上げて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党は共闘!

【野党は共闘!】 参議院選挙の野党統一候補を決める為の 『市民に政治を取り戻す為の公開討論会』が 18日、二本松市で開催された。 福島県の野党候補は県会議員(女性議員)の 国民民主党から無所属で立候補する事に決定した。 自民党から立候補する女性議員と 野党統一候補として立候補する県会議員の一騎打ちとなる・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『原発安全神話』から『放射線安全神話』へ

【原発安全神話』から『放射線安全神話』へ】 原発の安全神話が崩壊した今、 文科省は小・中・高校生向けに『放射線安全神話』を 叩き込む為に『放射線副読本』を改悪! 2014年版と今回改悪した2018年版を比較したものが以下 (福島大学の某准教授が作成したパワーポイントの一部) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のいない花見山

【人のいない花見山】 桜も散り、大型連休も終わった福島市にある『花見山』に行ってみた。 園内で会ったのは一人だけ。 今はツツジと菜の花が満開・・・ 駐車場の心配もなく、ゆったりと園内を散策できる。 でもここは放射線量の高いエリアだが、 あえて線量計は持たずに行ってみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県民よ起ち上がれ!

【福島県民よ起ち上がれ!】 二本松市在住のあらおしゅんすけさんの詩集 『安達太良山のあおい空』から 【起ち上がれ】 福島県人よ 悔しくないのか 先祖から譲り受けた 子孫から預かっている 大事な大地を汚されて ささやかな幸せな 日常の生活を 未来の希望を めちゃくちゃにされて ただ黙って 首をう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法こそが復興の道筋

【憲法こそが復興への道筋】 ~憲法改正を語るなら、被災者の基本的人権が先だ!~ 朝のコーヒを飲みながら、 数年前に購入し放置していた本をななめ読みした 『腹の底から憲法でいこう!』から一部転記・・・ 『憲法を語るなら、被災地の住民ほど 憲法の精神を今必要としている人びとはいない。 幸福追求権を尊重した13条。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学と人権

【科学と人権】 伊達市の個人線量測定に関する論文、いわゆる早野・宮崎論文の 倫理的違反と内容のデタラメを指摘した黒川眞一さんのインタビュー記事があった。 黒川さんとは早野・宮崎論文のデタラメについて 何度かお会いし、又TELでもお話しした事もある。 インタビュー記事の一部が以下 「個人はどの程度追加被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学者の責務

【科学者の責務】 甲状腺がんの発症原因や汚染水問題等加害者にとって不都合な真実は少なくとも 東京五輪が終了するまで、あるいはアベ晋三が退陣するまでは、政府と東京電力は 『アグノトロジー』の手法でなんとか逃げ切ろうとするだろう。 しかし、その事を許してはならない。それに答えるのが科学者の責務。 藤岡 毅氏の以下の論考を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生業訴訟アッピール

「生業訴訟」は、昨年末に仙台高裁ので第1陣控訴審と、 福島地裁での第2陣は第1審と二つの法廷で闘ってきた。 この間、各地での10判決はすべて東電の責任を認めてきた。 仙台高裁では年内結審、来年3月判決の流れが固まりつつある。 生業裁判の訴えは以下の3つ。 いずれの訴えにも国は応えていない!   ①東京電力と国と東京電力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more