トリチウムの恐怖(2)

【トリチウムの恐怖】

トリチウムの怖さが以下に丁寧に解説されている。
http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/pdf/20140307.pdf

「核施設から液体の形で海や湖、川に放出されるトリチウム⽔が危険な理由は、
HTOが海や川の⽣物の中に取り込まれ有機結合型トリチウム(OBT)として蓄積され
それを⼈間が摂取してしまうことです。

しかしそれ以上に危険なのは実は気体(蒸気)の形で空気中に排出されるHTOです。
このHTOは⼤気中に上昇し⾬の中に混じって地表に降り注ぎ、⾷物や地表を汚染し、
それを⼈体が取り込んで⼈体の中でOBT化するからです。」

経産省の資料は都合の悪い情報は一切載せていない。
無知・無能な学者だけ(リスコミを中心とした社会学者が多数)を集め
小委員会を開催し、結論ありきのアリバイづくりをする経産省は
巧妙な詐欺師であり、反社会的殺人集団!。


【トリチウムは白血病を誘発する】

『玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多く、トリチウムは海水、大気、海産物を汚染する。
さらに、動物実験ではトリチウムは白血病を誘発する。玄海原発は全国一トリチウムの放出量が多い。
また、玄海原発での調査・研究はないが、内外の原発周辺での調査では、トリチウムは
原発周辺の海水、大気、水産物を汚染することから、玄海原発周辺でも同様であると類推される。

さらに、トリチウムは動物実験では白血病を誘発する傾向がある。
以上のことから玄海町および唐津市における白血病死亡率の上昇は、玄海原発からの
トリチウムの放出が関与していることが強く示唆される。』

玄海原発周辺では年齢構成の違いを配慮しても白血病が増加している事は明らか。

http://jsa-fukuoka.sakura.ne.jp/shiryo/genpatu%26hakketubyo.pdf











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック