線量測定で判明した事実

京都大学が開発したKURAMA-Ⅱで、
11月17日、18日の2日間に渡って、
ダーチャ村始め、二本松市内4個所で専門家の協力を得て
現在と事故前のバックグラウンドの放射線線量を測定した。
又、アメリカの大学教授ら専門家3名と市民との意見交換会も実施。
その結果、子ども達が個人線量計で検出するBG値は
平均で0.24mSv/y程度が妥当だ。

各市町村のバックグラウンド値は0.3mSv/y(福島市・伊達市)
から1.02mSv/y(二本松市)も過剰に
引いていた事が明らかとなった。

但し、バックグラウンド値は地域によっても異なるので
若干の数字の変動はあるものの
過剰に引きすぎている事は明らか・・・

この結果を二本松市や放射線アドバイザー、
そして各学会や福島県、郡山市や伊達市、
そして元東大の早野氏あたりにも送付・・・

この方法では空間線量率(A)と放射性セシウムの影響を除いた
BG線量率(B)が同時に計測できる。
測定された(空間)線量率(A)とBG線量率(B)の差が
事故による追加線量になる。

事故による追加線量を屋外と屋内で比較すると
鉄筋コンクリ作りの合同庁舎は0.14倍、
木造家屋は0.42と0.37倍となり
ICRPがいう鉄筋は0.1倍、木造は0.4倍に近い値になった。
線量率が高い(1.0mSV/h)以上の地域では
バックグラウンド値の値が無視でき
線量率だけでも鉄筋は0.1倍、木造は0.4倍程度になるだろう・・

そういえば、放射線量が低下した現在では
上記の0.1倍や0.4倍の比率が1に近づいて
屋外と屋内の線量率がそれほど変わってないのは
バックグランド値がセシウムの追加線量の影響を
マスクしてしまっていた事によるものと判明した。


【放射線測定結果1(単位:μSv/h)】

【合同庁舎】      屋外   屋内   比率(屋内/屋外)
①線量率(A)      0.127   0.058   0.43
②BG線量率(B)    0.027 0.044 1.63
③(A)-(B)  0.100 0.014 0.14

【木造家屋】(岳)
①線量率(A)     0.093 0.059 0.63
②BG線量率      0.034 0.034 1.00
③(A)-(B)      0.059 0.025 0.42

【木造家屋】(下長折)  
①線量率(A)     0.125   0.075    0.60
②BG線量率(B)   0.041 0.044 1.07
③(A)-(B)   0.084 0.031 0.37


   【子どものBG被曝線量推定値】
子ども達の1週間の生活を以下と仮定
 学校    屋外 自宅(木造)    
滞在時間 42H(25%)    12H(7%)    114H(68%)
BG線量率 0.044 μSv/h   0.034μSv/h※ 0.039μSv/h★
               (※3個所の平均値) (★2個所の平均値)

加重平均BG線量率    :0.03989μSv/h
BGの被曝線量値(年間)  :0.349mSv/y

個人線量計でのBG線量値:0.349×0.7(注)=0.244mSv/y

  注:0.7は個人線量計を体前面に装着している場合の
    ROT(無限の方向から放射線がある場合)条件下で
    セシウムに対し、体での遮蔽の効果によって減衰する
    個人線量計の計測値と実際の空間線量値(周辺線量当量)の
    との(減衰)比率(係数)。
    詳細は以下の『ガラスバッジのウソ』をご覧ください。
    http://49981367.at.webry.info/201402/article_10.html

    但し、エネルギーがセシウムよりも大きい自然放射線(BG)に対しては
    0.7が適用できるかは今後継続的に検証していく。
    やや大きく(0.8程度?)なる可能性はあるが
    結論に大きく影響を与える事は無いだろうと見ている。
    

      【各市町村が使用したBG線量値】
       (単位:mSv/y)
      個人線量計メーカ BG線量値(注)  過剰値
福島市  千代田テクノル      0.54      0.30
伊達市  千代田テクノル      0.54     0.30
郡山市  長瀬ランダウェア  0.63~0.70     0.39~0.46
二本松市 長瀬ランダウェア  1.02~1.26    0.78~ 1.02

 個人線量計で検出するBGは0.24mSv/y程度が妥当。

注:福島市と伊達市は大洗における事故前のBG線量値。
  郡山市と二本松市は事故後、市役所内でコントロールバッジで計測した線量値。


        【お願い】

1.各市町村は個人線量計による外部被ばく線量測定時のBG値を再検証し、
  測定結果を修正し公表する事。(個人宛て再通知も含む)
2.国又は福島県は、外部被ばく測定方法のガイドラインを策定する事。
3.福島県は事故前の各地のBG値を調査し公表する事。
4.各学会はROT条件下での個人線量計による正しい外部被ばく測定方法を議論し提示する事。
5.早野・宮崎論文やIAEA等の国際機関の報告書を見直しする事。


関連情報として以下の『外部被ばく線量値のウソ(4)』をご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2017-08-11






画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック