東電の刑事責任を問う

【民だまし大地と海を汚した東京電力の刑事責任を問う】

~福島原発刑事訴訟支援報告集会~
東京地検の不起訴処分理由は捏造だった!(怒り)

ようやく6月30日に電東の勝俣、武藤、武黒の3被告の
刑事責任を問う裁判(検察審査会による強制起訴決定をうけ)が開始され、
東京・田町で支援者らによるその報告会が開催された。

15mを超える津波が東電内部で予測していたにも関わらず、
副社長の武藤がその対策を放置していた事が明らかとなった。
事故後は『想定外』として政府と結託して国民にウソをついていた事も
法廷の場でも明らかとなった。
東京地検は経産省とつるんで、
ウソの理由を捏造し不起訴処分にしていた事も明らかとなった。

ただ、菅直人政権の2011年夏までは
検察の捜査は起訴する前提で厳しく進めていた。
しかし菅直人政権崩壊と野田政権による
原発再稼働政策の展開という状況の下で急展開し、
検察庁上層部は不起訴の流れに変わった。

経産省と検察庁が結託して、
起訴から不起訴に意思決定がずらされた事は明らか。
この国の検察は腐っている!



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック