驚異的な破局噴火~日本壊滅~

新年早々いやな話ではあるが
週刊ダイヤモンドに掲載された
2017年総予測の記事の一部に
気になる、そして無視できない記事が・・・・


九州中部の巨大カルデラ噴火(阿蘇山)が起きれば、
周辺の700万人が暮らす範囲が火砕流で壊滅。
火山灰は偏西風に乗って翌日には西日本が50cm、
2日後には首都圏でも20cm、
そして数日後には北海道東部と沖縄を除く日本列島全域で
5cmの降灰が被るという。

10cmで全インフラがストップ、
5cmの地域でもただでは済まない。
火山灰による呼吸器障害を発症する人も続出。
最悪1億人以上の日常生活が喪失。

今後100年間の間にカルデラ噴火の可能性は1%としている。
これは阪神淡路大震災の100年間の地震発生率とほぼ同じ。
つまり明日破局噴火が起こっても不思議では無いという。

この時、原発はどうなるのだろうか?
破局的な噴火に加え、原発は電源喪失により破局的な爆発、
メルトダウン、メルトスルーも想定されよう・・・日本壊滅だ!

地震・火山国日本には、原発はあってはならない存在なのだ!!



画像



画像



画像











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック