横浜市教育委員会殿

横浜市に原発避難してきた子どもが
加害者の子供から150万円相当
おごされてきた事案について
横浜市教育長はいじめは無かったした。

この事に対し教育委員会に以下の質問を出した。
回答入手しだい公開する予定。

  ---    ---

横浜市教育委員会
 人権教育・児童生徒課
   ×× ×主任指導主事殿
   ×× ×指導主事殿
 cc局長、部長、課長殿←日暮さん転送ください。


おはようございます。
教育長の会見やネット上での一連の批判記事等を見て、あまりににひどい横浜市教育委員会
の対応に、一横浜市民として大きな失望と怒りでいっぱいです。
今回の対応は横浜市民の顔に泥を塗った事になりますし、横浜市のイメージが悪化し観光等
にも悪影響を及ぶ事が危惧されます。

以下について今月中にもご回答いただきたくお願い致します。

1.いじめ予防対策推進法(横浜市教育委員会文科省)が定めるいじめの定義では「・・・・当該
  行為の対象となった児童等が心 身の苦痛を感じているもの」とあり、横浜市教育委員会に
  被害者からいじめと認定して欲しいとの要望が出されているが、今回はこの定義のどこが
  適用しなかったのか?

2.第三者委員会で150万円の授受は『いじめ』であると認定しているのもかかわらず、いじめとは
  認定できないとする判断の根拠は何か?

3.今回の決定が教育現場(子ど達)への影響がでないのか?この決定で更にいじめが加速しな
  いのか?(金を取る事はいじめん当たらないとすれば、現場の先生の判断にも影響を与えるし
  子ども達のいじめが増えないか?)
  
4.今回の教育委員会の判断(対応)それ自体は『いじめ』の構図となっていないか?
  (いじめの定義から被害者はいじめを認定して欲しいとしている事は権力側にいじめ
  になるのでは・・)

5.今回の対応は横浜市民の顔に泥を塗った事になり、又横浜市のイメージが悪化し観光等
  にも悪影響を及ぶ事が危惧されます。教育委員会としてどのように考えているか?

等についての見解を今月末迄にご回答いただきたくお願い致します。


×× ×



尚、12月下旬には横浜市教育委員会の担当指導主査2名と
意見交換・要請をしてきた。その後以下のメールを送信した。



  ----12月に送付したメールーーーー

横浜市教育委員会
 人権教育・児童生徒課
   ×× ×主任指導主事殿
   ×× ×指導主事殿
 cc課長殿←日暮さん転送ください。


昨日は突然訪問し、時間を割いていただいた事に感謝したします。

家を失い、土地を失い、コミュにても失い、今までの友達とも別れて
横浜市に避難してきた子どもが避難先でいじめられていた5年間は
どれ程苦しかったであろうか?
この子どもの5年間の人生を返して欲しい。

昨日もお話ししましたが、以下をお願いいたします。


1.教育委員会・学校長による謝罪
  (学校名の公表)
2.なぜこの問題が放置されたかの原因追及と責任者の追及
3.再発防止策の策定と実行
4.教育委員会、学校長、学年主任、父兄等による福島の現状の勉強会開催と
  避難者の苦労のヒアリング
5.いじめは犯罪であるので犯人(加害者)の償い
   (刑事告訴を含めた検討)
6.教育委員会の構造的な問題点を外部機関に検証してもらい
  教育員会の構造改革・意識改革を実行する事。
   (ムラ社会から民主的なオープンな社会へ)

【教育委員会への提言】
①まずは福島の現状、被曝の現状、悲惨さ、何故避難しているかの理由を
 教育委員会が学べ(まずはこの指導主事自身が)
②この問題を放置していた学校、教育委員会の
 村社会の構造的な問題点を洗い出し対策案を示せ
③教育委員会が各学校に対策を通達すると共に、
 学校長と学年主任に教育せよ(福島の現状を含め)。



尚、以下のブログをご覧ください。

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-11-18

http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-11-10











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック