福島 切り捨てを許さない

1月13日に参議院議員会館で開催された
「南相馬・避難20ミリシーベルト撤回訴訟」の
第2回口頭弁論報告集会に参加した。

以下はある方のメールの一部を転載。
国は一方的に、「年20ミリシーベルト」という
一般の公衆被ばく限度として国際的に勧告されている水準の
20倍ものレベルの避難基準および帰還基準を設定し、
住民の意見をきかずに帰還を強制、
避難勧奨地域を解除し3か月後に賠償を一方的に打ち切る。

住民の意思を無視した避難勧奨地点の解除は違法だとして、
福島県南相馬市の住民たちが国を相手どり提訴している

★ 国は東京電力福島第一原発事故前の
放射能被ばくに関する基準を次々に引き上げています。
1.公衆の被ばく上限を年間1ミリシーベルト→20ミリシーベルト
2.放射性廃棄物基準を100ベクレル/Kg→8000ベクレル/Kg
3.体表面汚染のスクリーニングレベルを13,000CPM→100,000CPM
4.労働者の緊急作業時被ばく限度100ミリシーベルト→250ミリシーベルト
5.被ばく管理の考え方を空間線量率→個人被ばく線量

原発事故における健康被害を矮小化し、
安全キャンペーンを展開してオリンピックを福島にも誘致して、
健康被害を切り捨てる国のあり方を問う裁判は、
南相馬地域の問題だけでない。




画像




画像



画像




画像




画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック