不当判決!~脱原発テント~

事故を起こした国が避難者の第二のふるさととしている
経産省前の『脱原発テント』の撤去をせよとの
不当判決を出した。
先ずは『脱原発』が先だろう!

国会に劣らず司法の劣化が酷い!

以下はたんぽぽ舎のメルマガを転載



不当判決!残念な判決 糾弾!
  テントを撤去せよと1日2万円なにがしを払え・判決
  今後、最高裁へ上告する 非暴力・不服従で闘う
 

◎10月26日(月)東京高裁(3人の裁判官)は、多くの傍聴者の見守る中で、裁判長はたった
  30秒位で「却下する」「費用は被告が払え」と述べてすぐ、3人揃って退廷した。
  法廷(約100名)は、「不当判決だ!」「判決の理由をいえ」の怒りの声が一斉にあちこちから
  おこった。かなりの時間、抗議活動が法廷内で続いた。

◎東京高裁(地裁も同じ建物)の門の外では、多くのノボリ旗を立てた支援者(約100名)が
 不当判決糾弾!再稼働を許さないぞ!テントを撤去させないぞ!テントを守るぞ!
  非暴力・不服従で闘うぞ…と声を上げた。

◎そのあと、衆議院第2議員会館会議室で報告集会が開かれた。主な発言者は、
  テント応援団の鎌田慧、河合弁護士、正清太一、淵上太郎、福島の女たち
  (橋下あき、渡辺みよ子)、佐藤弁護士、大口弁護士。

◎テントを全力で応援してきた・たんぽぽ舎として柳田も発言し、3点を述べた。
 第1、残念な判決だ。予想よりひどい中味だ。せめてお金ゼロにすればいいのに。
     日本の司法(裁判所)のひどさ、本質が出た判決だ。

 第2、テントは4年1ヵ月=1500日がんばって闘った(英雄的な闘い)。
    公有地にテントを建てて闘う実例をつくった。全国へ広めた。
    (石川県でのテント、富山県地裁前でのテント、福岡九電前のテント、
    鹿児島県川内原発海岸のテント、沖縄のテントなど)

    そして、公有地にテントを建てる理由は、憲法21条の「表現の自由」であり、かつ、
    国民の持つ抵抗権だと、2つの面で理論づけた(内藤教授)。この意義は大きく広い。

 第3は、テントはたんぽぽ舎と共に、原発再稼働阻止全国ネットワークを3年前につくり、
    2年前には東京電力本店合同抗議(毎月第1水曜日に東電本店抗議行動)をつくった。
    この2つの重要な組織と闘いは反原発運動の中で今、大きな役割を果たしている。
     テントを撤去させない、さいごまでがんばってねばりづよく闘おう。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック