甲状腺がん多発は放射能の影響だ!??         

【甲状腺がん多発は放射能の影響だ!!??】          

138名の甲状腺がん患者が見つかり、
2巡目に見つかった25名のうち23名は
1巡目では問題は無く、
多発の原因をスクリーニング効果だけでは説明できない。

0~19歳の甲状腺がん患者は
通常100万人あたり2.5人程度に対し、
数十倍で多発と言える。

過剰診断との説も手術をした医師は否定。
当時の放射能プルームによる吸入摂取と
食品からの経口摂取の初期内部被ばく線量評価が
不十分なまま『放射能の影響とは考えにくい』としている。

もし放射能の影響で無いとすれば、
他県でも多くの子ども達が甲状腺がんを患っているはずだ。
県民の不信は増大するばかり。
政治的な圧力があるとすれば本末転倒だ。

当時、初期被ばく線量測定を県が止めた事が
原因究明を困難にしている。
IAEAや国連科学委員会の報告書は十分とは言えない。
国連科学委員会の今後がんは増えないとする報告書は
過小評価と激烈に内部批判され信頼性に欠ける。
県は初期内部被ばく線量評価の主導的役割を果し、
丁寧な現状説明会を県内各地で開催すべきだ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック