自民党(支持者も)は答えていない!

集団的自衛権の行使はアメリカと共に無差別殺人を日本が行う事につながる。

中国も既に経済破綻が近づいてきており、日本の援助を求めすり寄ってきている。
南シナ海の脅威は今後無くなくなるだろう・・・
今急いで違憲立法を成立させる理由は無いのです。

集団的自衛権はアメリカの戦費を日本が負担する事。
日本の財政負担を加速させる事。

何故専守防衛以外の集団的自衛権が必要なのか?
この事実に自民党はまったく答えられない!

立憲主義を軽視する事は日本の民主主義の根幹を破綻させる!
この事に自民党支持者は答えて欲しい。


国会前の関西の学生のスピーチ。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/260891

『先週テレビで国会中継を見ていたら、イラク戦争での米軍の戦争犯罪について安倍首相が質問を受けていました。
米軍が民間人の家に立入り、戦後5ヶ月の赤ちゃんを含む無抵抗の11人を銃殺したこと。子どもたちが通う学校を米軍が占領し、それだけは止めて欲しいと非暴力のデモを行なった市民に対して、米軍が銃を向け、次々に射殺したことを。
ファルージャ総攻撃では息をしている者はみんな殺せという指令のもと、女性も子どもも家畜も、助けにきた救急隊員も白旗を握りしめていた少年でさえ皆殺しにされたことを。
これらの米軍の行為は戦争犯罪ですよね?と山本太郎議員に問われた安倍総理は、これに答えることができませんでした。

『事実確認ができないので、戦争犯罪だと断定することはできない』という理由でした。
だったら私が代わりに答えます。イラクでの米軍の無差別殺人は戦争犯罪です。私はこの法案が通ることによって、こういった殺人に日本が積極的に関与していくことになるのではないかと、本当に居ても立ってもいられない思いです。

すべての命には絶対的な価値があり、私はそれを奪う権利も奪うことを許す権限も持っていません。
なぜならいくら科学技術が進歩しても、私たちは死んだ人を生き返らせることはできないし、奪った命を元に戻すことはできないからです。今、この法案を許すことは私にとって自分が責任の取れないことを許すということです。それだけは絶対にできません。

 私はこの国の主権者であり、この国の進む道に責任を負っている人間の一人だからです。70年前、原爆で空襲でガマの中で、あるいは遠い国で餓死し、失われていったかけがえのない命を取り戻すことができないように、私はこの法案を認めることによってこれから失われるであろう命に対して責任を負えません。
私の払った税金が弾薬の提供のために使われ、遠い国の子どもたちが傷つくのだけは絶対に止めたい。人の命を救いたいと自衛隊に入った友人が国防のためにすらならないことのために犬死ぬするような法案を、絶対に止めたい!

国家の名の下に人の命が消費されるような未来を絶対に止めたい!
敵に銃口を向け、やられたらやるぞという威嚇をするのではなく、そもそも敵を作らない努力を諦めない国でいたい!

平和憲法に根ざした新しい安全保障の在り方を示し続ける国でありたい!私はこの国に生きる人たちの良識ある判断を信じています。
国民の力を持ってすれば『戦争法案』は絶対に止めることができると信じます。いつの日か、ここから、今日、この一見、絶望的な状況から始まったこの国の民主主義が人間の尊厳のために立ち上がる全ての人々を勇気づけ、世界的な戦争放棄に向けてのうねりになることを信じ、2015年8月30日、私は戦争法案に反対します」』




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック