福島県職員に研修を!

福島県職員幹部(主幹以上)の
あまりにも放射線の健康被害に関する
知見・知識の無さに呆れている・・・
これでは福島県民の命と健康、財産は守れない・・・

県職員が放射能被ばくによる健康被害やICRPの基準等科学的・
医学的、国際基準の知見をまったく持ち合わせていない事が、
国の言いなりになっている主な要因であろう・・・

打開の為には県を県民の味方につける必要がある
その為には県職員の論理武装が必須。
福島県に以下を要請した。


  ---以下要請したーーー


福島県・職員研修課
   ××主幹殿



先日は突然の電話失礼いたしました。

原発事故以来、小生は多くの県の職員(課長・主幹ら)と意見交換や要請を実施して
きましたが、この中でいつも感ずる事は、県職員が放射能の健康被害についての
正しいの知見・知識を持ち合わせいないという事です。
縦割りの行政の中で、自らの与えられた仕事を粛々とこなすだけで、放射能の
健康被害については良く分からない、責任は自分には無いといった言い方を
殆どの職員(課長、主幹)がしています。

県民の命と財産を守るべき福島県の職員が、自らの責務を放棄した事になります。
現在、政府が進めている年間20mSv以下なら住んでもいいと推し進める帰還に
ついては絶対に認めるわけには行きません。
ICRPは現存被ばく(収束時)は1~20mSvのできるだけ少ない数字にすべき
と言っているにも関わらず、日本政府は最大の20mSvで帰還さしょうとしています。
何ら医学的・科学的な根拠を示さないまま、県民への被ばくを強要する事は
憲法で保障されているところの健康に生きる権利や人格権の軽視でもある
絶対に認められない事です。

県職員が放射能被ばくによる健康被害やICRPの基準等科学的・医学的、国際
基準の知見をまったく持ち合わせていない事が、国の言いなりになっている主な要因で
あろうと考えていいます。
国との交渉や協議する中で放射能に対する知識が無い為に、国が決めた事に対し
何ら疑問を持たず、避難している人々の思いが全く理解できていないのです。
国が決めた事を粛々と県民に押し付ける事が福島県の仕事だと勘違いしているようです。
県職員の知識が県民・市民の知識と大きく乖離しており、この4年間、県職員幹部がまったく
放射能の健康被害に関する勉強を行っていない事が、問題をより大きくしていると考えます。


解決の為には県職員の論理武装(最低限の知識)が必須であり、国の押し付けに疑問を
呈し、国に物申す力と県民(知識あり)との対等な会話ができる事が必須です。
20mSvで帰還させるという事が一体どういう事なのかが、県職員は全く理解
できていないのです。

福島県民の多くの訴訟を国や東電に起こしていますが、問題(訴訟)の基本的な
争議は放射能の健康被害が基本にあります。
福島県は被害者として、県民に寄り添った施策を国や東電に提言する為、あるいは
交渉や協議を行なうにあたり、健康被害に関する基本的な知見・知識を保有している
事が必須です。

そこで崎山比沙子(元放医研主任研究員・医学博士・現高木学校)さんを講師として、
福島県職員(特に危機管理部、避難地域復興局、生活環境部、保健福祉部に)を
対象とした研修会を開催すべきと考えます。

特に主幹以上の幹部を対象とし全員の受講を必須条件としてください。
1回1.5~2.0時間程度の研修会を3~4回程度に分けて実施しては如何でしょうか?
主幹以上対象と主任主査以下対象に分けたほうが良さそうです。
出張や外出等で都合悪い人もいるでしょうから2日間(連続でなくともOK)実施する
必要がありそうです。


崎山比沙子先生についてご紹介する事は可能です。

崎山比沙子さんの講演に関する情報
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/247454
http://www.abikoshi-syouhisyanokai.net/wp/archives/306

崎山比佐子さんのプロフィール
医学博士。マサチューセッツ工科大学研究員、放射線医学総合研究所主任研究官を経て、
1999年から高木学校のメンバーに。 高木学校は、プルトニウムの危険性を訴え続けた
物理学者の故・高木仁三郎氏が、市民の立場から問題に取り組む市民科学者を
育成するために1998年に創設した団体。
放射線被ばく研究の第一人者。 震災後の5月20日、衆議院特別委員会で参考人として
「放射線の健康への影響について」の意見を陳述。



ふくしまの真実を学び伝える会
ひだんれんを応援する会
ふくしまの子ども達を救うう会
 二本松市  ×× ×
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック