20mSvの基準撤回を!

【署名のお願い!】
 ~20mSvの基準撤回を!~   



事故後4年1か月経過したにも関わらず、
政府は県民の人権を軽視続け、
避難解除の基準を年間20mSvを変えないどころか更に高くしている。
2013年5月に国連人権理事会が
日本政府へ人権の視点から、
公衆被ばくを年間1mSv以下とすべきと勧告したが、
日本政府は非科学的との反論文書を提出し強く反発。

ICRPも1mSvを目指すべきとしている。
チェルノブイリでは1mSv以上は自主的避難、
5mSv以上は義務的移住。

事故の収束期でありながら、20mSvを変えない
科学的・医学的な理由を内閣府・原子力被災生活支援チームや
規制庁・放射線防護対策部に問い合わせたが、
決定したのは別省庁とたらい回しし、
政府内に所管省庁がなく無責任極まりない。
政府は20mSvの科学的説明を国民にしないが、
国外へは非科学的と批判する二枚舌を使っている。
避難解除の基準を年間20mSvとしている理由を、
政府は科学的・倫理的・社会的な視点か
ら県民に納得いく説明をすべきだろう!


【署名のお願い】

https://www.change.org/p/%E5%8D%97%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E7%82%B9%E8%A7%A3%E9%99%A4%E8%A8%B4%E8%A8%9F-20%E3%83%9F%E3%83%AA%E5%9F%BA%E6%BA%96%E6%92%A4%E5%9B%9E%E8%A8%B4%E8%A8%9F-%E5%8E%9F%E5%91%8A%E5%9B%A3%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98-%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99?just_created=true


特定避難勧奨地点の解除は違法だとして、国を相手取り、
福島県南相馬市の同地点と周辺の住民132世帯534人が、
東京地裁に提訴した。
政府の人権侵害、憲法違反は明らか!

南相馬特定避難勧奨地点地区災害対策協議会の菅野会長が、
「日本は民主主義の国。にも関わらず、国は住民の意見を無視して、解除した。
私たちは、子どもたちの未来のためにも、負けるわけにはいかない」と


<記者会見>冒頭5分くらいからはじまります。
http://twitcasting.tv/fukuroufoe_tv/movie/161233146
<経済産業省前アピール>こちら冒頭10分後くらいから南相馬のみなさんのスピーチです。
http://twitcasting.tv/kannamitsuta/movie/161220692




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック