被災者心理を的確につかむ学者に学べ

環境省の有識者懇談会での東大・影浦教授(Tシャツ姿)の見解は                                                  被災者の視点で的を得た発言。
非常に共感を得るところ大!                                                        放射能被害者の心理を的確につかんでいる。

この懇談会は民主党(細野さん)時代のもので、
現在の自民党の議員や、環境省、内閣府の役人、学会・学者、                                   福島県、福島医大等には、是非見て学んでほしい・・・

座長の長瀧氏(長崎大・名誉教授)は影浦教授の見解を理解できたのであろうか?
彼には再度みてもらう必要がありそうだ・・・
長瀧氏の最後の発言は、影浦教授の発言を                                               軽く扱ってしまっているようで、問題発言・・・


https://www.youtube.com/watch?v=MAXEFd1MRgk

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2249.html

長瀧氏は環境省主催の放射能被害に関する                                              健康管理専門家委員会の座長を今も務めているが                                          会の進め方の強引さと問題発言も多い・・・      





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック