大地震確率は横浜で78%

今後30年間に震度6弱以上の地震が発生する確率は

自宅のある横浜が78%と全国で最も高い!

東京都心は46%!(NHKニュースより)・・・


以下は毎日新聞記事の一部掲載

『政府の地震調査委員会は、昨年の暫定版に比べ、

東京で20ポイント上昇するなど関東地方で大幅に高い確率が算出された。

大震災の発生を想定できなかった反省から

予測方法の見直しを進めつつ、過去2年は暫定版を発表してきた。

今年は、大震災の教訓を踏まえ、

最大マグニチュード(M)8?9の巨大地震が

起こり得ると見直した南海トラフと相模トラフの長期評価を反映させた。

また、発生位置や規模が明らかでない「震源不特定地震」も盛り込んでおり、

その規模について、下限値を内陸でM6・8から7・3に、

海域でM7・0から7・5に引き上げるなど、

不確実性を重視して計算し直した。

地盤の揺れの増幅率も再検討した。

東京都新宿区46%(昨年比20ポイント増)、

横浜市78%(同12ポイント増)、

千葉市73%(同6ポイント増)などで上昇が目立った。

これは相模トラフ沿いで従来よりも多様な地震を考慮したほか、

東京湾で起きる地震の震源の深さを従来より約10キロ浅く想定したためだ。

地図は防災科学技術研究所のホームページで公開する。』

(12月20日毎日新聞より)


食糧と水の備蓄(1週間)と電気、ガス、通信が通じない時の

対策等危機管理が必須!

オール電化の家庭は停電になれば

暖房も炊事も出来ず、風呂にも入れない・・・

命を守る為にも灯油ストーブ(電気を必要しない)と

カセットコンロ(ガスボンベ含む)の準備は必須・・・

この地震国家日本において、原発はあってはならない存在!


この国の危機は異次元の金融緩和による円の暴落によって、

更に大きな経済的な危機も・・・・????


そして地震や津波、そして火山噴火等の

大規模な自然災害によって、日本国債や円の暴落となり

日本の財政破綻、日本沈没となってしまう危険な状況だ・・・?



画像



画像



画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック