こっちも遠慮することない!

ある男性の言葉「相手は未来永劫にわたって災禍の残る大きな悪事を
しようとしているのだから、こっちも遠慮することはない、大きなことを
しなくては。」…

正義はどちらか?
命が経済に優先する事は明らか!


以下はある再稼働阻止全国ネットワーク・詩人の記事を転載
11月川内原発再稼働反対・鹿児島抗議行動に参加して (上)
 (再稼働阻止全国ネットワーク・詩人)

県臨時議会の傍聴席で2014年11月7日鹿児島県議会は
川内原発再稼働を求める陳情を採択、伊藤祐一郎知事が同意を
表明しました。
それは権力側のなりふり構わぬ多数決の暴力とも言えるものでした。
採択の瞬間と伊藤知事の挨拶の声は、抗議の声にかき消され全く
聞こえませんでした。

傍聴席満席の150人程の人々と共に、私もポケットから桜色の
大文字コピーされた「NO」の紙を取り出し、
頭上高く掲げ「再稼働反対!再稼働反対!」と声を限りに叫び続けました。

議会の間中もあちらこちらで、思わず言わずにはいられない怒りの
声が上がりました。
居眠りしている議員には「寝てるな!」、型通りの説明に対しては
「"世界最高水準の原発"なんてまだ言っているのか、聞き飽きたぞ。」、
「国が責任を取らないのは福島で明らかでしょう!」「嘘ばかり!」。

その反対に、前日の特別委員会で、未明まで延長14時間、
さらにこの本会議で全力で再稼働反対の意見陳述を述べている
女性議員の次のような真っ当な意見には大きな拍手が湧きました。
「福島第一原発現地の無残に荒れたままの町々を見て、避難されている
方々の悲しみとつらさ、そして放射能の不安に晒されている福島の人びとを
思うとき、なぜ、規制委員会も絶対安全とは言えないという、
原発再稼働が考えられるのでしょうか?」

傍聴席から「その通り!」と割れるような拍手が。
「お静かに、拍手はしないでください。」と何度も静止に
立ち上がる職員たちも次第に形だけの仕草になり、威圧高に「静粛に!」と
アナウンスする議長は「そっちこそ静粛に!」と応酬されていました。

県庁玄関横に10月30日、ゲリラ的に「ストップ再稼働!
県庁前座り込みテント」が建てられ、前日その中で50人程が膝突合せ
話し合いをしたとき、ひとりの男性が言った言葉がしきりに思い出されました。
「相手は未来永劫にわたって災禍の残る大きな悪事をしようと
しているのだから、こっちも遠慮することはない、大きなことをしなくては。」…

会議場の前方、日の丸の旗の下で能面のような顔をして座っている
背広姿の人たち。
この国の政(まつりごと)の在り様が悲しいほどに露わになって…。
ほんの一握りの権力者たちの決定することで、

またしても取り返しのつかない原発惨事をむかえることになったら…。
「いのちを何だと思っているの!」水俣の女性が叫んでいた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック