低線量被ばくは安全か?

『低線量被ばくは健康に問題はない。
現在の年間!mSvを見直すべき。』
とする専門家達がいる。
しかしながら、以下の理由でふくしま県民は許容できない。

1.今回の福島の放射能能汚染は健康問題(不透明)で片づける話ではなく
  加害者(国・東電)が放射能(多様な核種あり)で汚染した事に対する
  人道的・倫理的・民事的にも原状回復が基本であること。

2.年間1mSv以下は、日本の法律で決められたいるわけで、法治国家として
  順守するのは当然であること。

3.ICRPのLNTモデルは生物学的真実として受け入れられているものではなく
  低線量被ばくにどの程度のリスクを伴うかを実際に知らない為に、不必要な
  被ばくを避ける為の公衆衛生上の慎重な判断によりものであること。
  (低線量被ばくの影響が科学的事実として検証できない状況において
  リスクを合理的に低減するための考え方)

4.今回の国の指針(20mSvや100mSv)は防護の基本(以下)を逸脱していること。
  ①意思決定過程の透明化、情報の公開
  ②計画策定にはステークホルダーの関与が重要

5.ICRPの『現存被ばく(復旧時)1~20mSv/年間のできるだけ低い線量にすべき』
  に対し、未だに最も高い20mSv/年間にしている事は人格権無視であること。
  (人格権を無視した加害者が被害者に被ばくを押し付ける構図)

6.低線量被ばくの健康への影響は未だに未知も分野であり、
  現時点でふくしま県民を”モルモット”に する考え方(確率的、統計学的手法で)で
  安全だと主張する事には違和感。

7.放射線に対する感受性や不安は年齢、性別、家族、情報等で大きく異なるもので、
  リスクをどもまで許容できるかは、それぞれの個人の人生観によって 異なるもの。
  従い、それを強要する事はできない。今の日本政府(加害者)は被害者に強要。

8.ICRPの内部被ばくのBq→mSvへの換算係数は体内に均一に蓄積したという
  前提で計算されている。
   しかしながら、セシウムは体内の臓器や筋肉に一様に蓄積されるわけではなく
   臓器によっても異なる。
   心臓の筋肉に集まるとも言われているが未だに、解明されていない。
   ストロンチウムは主に骨に蓄積。
   WBCの検査結果は体全体で××Bqと測定されるが、セシウムが体内の
   どの部分に蓄積されているか分からない。
   しかしながら、ICRPの換算係数をあてはめ、実効預託線量は××mSvで
   健康に影響はないレベルとされている。


尚、ICRPが広島・長崎の被爆者の状況をもとにしたものである事、
その経緯等からICRPの欺瞞は以下。

  【ICRPの欺瞞】
  http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16-1
  【ICRPの基準は捏造だった】
  http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-02-04


科学的・医学的な健康被害の議論を原発の稼働に向けた議論にしてはいけない。
以下の小生のブログをご覧ください。
  【原発の優位性はまったくない】
  http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-06-04-1




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック