原発の欺瞞にNoを!

知らない事は怖い事
知らされないのはもっと怖い事
知ろうとしないのはあなたの罪
知っていて何もしないのなら、いったいあなたは誰ですか・・・

個人がやれる事には限界がある・・・
しかし、多くの人がまとまり一緒になれば
その力は国を動かす!

是非、パブコメで”原発の欺瞞にNoを!”


   ーーー以下転載ーーー


安倍政権は、「原子力は、重要なベース電源と位置づけ、核燃料サイクル
も着実に推進」するとする、あたかも福島原発事故などなかったかのよう
な原発推進の、プロセス、内容ともにひどい新「エネルギー基本計画案」を
閣議決定すべく、その計画案に対するパブリックコメント(パブコメ)の募集
(締め切り1月6日)が現在行われています。

そのパブリックコメントのやり方自体にも非常に問題があるものの、それに
対する批判も含めて、このような原発再稼動や海外輸出に道を開く危険極
まりない「エネルギー基本計画案」を閣議決定させないために、このパブリ
ックコメント(パブコメ)にも、この新「エネルギー基本計画案」に対する批判
を集中させ、再び、脱原発、「原発ゼロ」を求める数万のパブコメを集中させ
ましょう!

このパブコメの締め切りは年明けの1月6日です。(短か過ぎます!)
まだ出されていない方は、ぜひ年末年始の休みを利用して、この原発推進
の新エネルギー基本計画案に反対し、脱原発、原発ゼロ実現のための
エネルギー基本計画を求めるパブコメを送りましょう!

★パブコメ呼びかけのカラーちらしも下記PDFからダウンロードできます。
http://publiccomment.wordpress.com/
ぜひ周りの方々にも呼びかけてください。広めてください。

以下、ご案内・呼びかけを転載させていただきます。


<以下、転送・転載・拡散大歓迎!>
---------------------------------------------------------------------
【1/6〆】エネルギー基本計画にあなたの声を!数万のパブコメを
http://publiccomment.wordpress.com/
---------------------------------------------------------------------

12月6日、総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会第12回会合で、
エネルギー基本計画見直しの事務局(資源エネルギー庁)素案が示され、
同日そのまま、パブコメにかけられました。
(その後、6日と13日の2回の審議を経て若干内容に修正が加えられ、パブコメ
対象文書は差替えられています。〆切も4日→6日に変更)

「エネルギー基本計画」案の内容は、
・準国産エネルギーである原子力は、重要なベース電源である。
・世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認し、再稼働を進める。
・核燃料サイクル政策については、引き続き着実に推進する。
などを明確に打ち出したもので、2012年の「国民的議論」を事実上まったく無
視しています。

しかし、市民の声を聴き、反映させるプロセスが極めて限られている現在、こ
のパブコメを出さないわけにいきません。
数万を超える声を届けましょう。

★一通でも多くのパブコメが必要です!まずは資料をご覧ください★
[新しい「エネルギー基本計画」策定に向けた御意見の募集について]
2014年1月6日〆切り
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620213015
&Mode=0

[基本政策分科会 開催状況と資料]
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/index.htm

★「エネルギー基本計画案」とは?
~民意無視・原発回帰でいいの?!

<民意無視のプロセス>
●2012年「国民的議論」の結果を無視
・経済産業省の審議会の議論の中で、パブリックコメントの結果(8割以上が
原発ゼロを選択!)や、その他の調査の結果を受けて「国民の過半が原発
ゼロを望む」とまとめられた結果は、資料としてすら出されていない。
・審議会のメンバーは、15人中13人が原発維持・推進の意見を表明。

●市民の声を聴くプロセスが非常に限定的
・1月に閣議決定と言われていますが、それまでに市民の声を聴くプロセスは、
ほぼこのパブリックコメントのみ。
・福島や各地での意見聴取会すら予定されていない。

<原案の内容は・・・>
●「準国産エネルギーである原子力は基盤となる重要なベース電源」?
・「準国産」という言葉は詭弁。ウランはほぼ100%輸入しており、核燃料サイクル
 も破綻。
・事故や災害で止まる原発は不安定な電源
・事故で明らかになった原発の莫大なコスト(事故リスク、損害賠償等)は過小評価

●「世界で最も厳しい水準の新規制基準の下で安全が確認された原発は、再稼働
 を進める」?
・新規制基準には、抜け穴がたくさん。原子力規制委員会も「規制基準は安全基準
 ではない」と認めている。
・事故の原因究明も終わっていない。

●「核燃料サイクル政策は、引き続き着実に推進する」?
・核燃料サイクル政策は相次ぐトラブルで破綻。
・六ヶ所再処理工場は1997年竣工予定がいまだ竣工せず。建設費は当初予算の
 3倍。
・高速増殖炉もんじゅ(まだ実用段階前)は1995年の試運転段階で事故。15年ぶり
 に運転再開したがまた事故で停止中。
・普通の原発でプルトニウムを無理やり燃やすプルサーマル。10年遅れの4基で
 実施中だったが、福島原発3号機はキノコ雲を吹き上げる。

★パブコメに加えて
すでに、反映のプロセスがほとんどないパブコメ(それでも重要!!)。
加えて、プロセスの不当性についての指摘など、新聞に投書したり、議員さん
に呼びかけたりしましょう!

- - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - -
以上「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載



※以下は、年末年始に入る前の呼びかけの転載です。
------------------------------------------------------------------
【3.資源エネ庁に電話を! 国会議員に呼びかけを!! マスコミにも!!!】
------------------------------------------------------------------

資源エネ庁の総合政策課に電話をして、「パブコメの延期を!」「各地で説明会
を!」と求めてください。
電話番号は03-3501-2669ですが、そこから「エネルギー基本計画のパブコメに
ついてですというと担当者にまわしてくれます。(なんだか、今にも死にそうな
弱々しい声の担当者が出てきますが、いちおうこちらの意見はきちんと伝えま
しょう)

今日、私も電話してみました。
「昨年夏の国民的議論をまったく無視して、エネルギー基本計画を策定する
のは、意見をよせてくださった国民に失礼ではないか」
「福島の人も、原発立地の人にも意見をきいていないではないか」
「少なくとも各地で公聴会を開くべき」
「パブコメについて、誰も知らない。私の知り合いも知らなかった。パブコメ期間、
延長して。エネ庁として、きっちりPRして」
と要請しました。
先方は、「パブコメ期間が1カ月というのは、別に短くない」とおっしゃっていま
した。また、集めたパブリック・コメントは、しかるべき検討をして、反映する
努力をしますとのこと(ミエミエですが。)

★これもやはり地元出身の国会議員に、このエネルギー基本計画の問題を
訴えていただければ幸いです。このプロセスに対して、国会議員として声を
あげてほしいということと、たとえエネ計画が閣議決定されてしまっても、今後、
国会議員として、原発推進や核燃料サイクル推進の予算に対して、反対して
くれるようにと働きかけていただければと。

★この問題、あまり報道されていません(特にテレビでは)。マスコミにも、
この問題をぜひ報道して!と働きかけてください。

★みなさんのアイディアで、マスコミに取材させる面白いアクションをぜひ! 
たとえば、主要駅での一斉街宣、シール投票、サンタクロースデモ、お正月デモ、
フラッシュモブなど! 
ぜひ、各地での行動で「原発ノー!」の声をもりあげてください。

★参考情報★
※動画:
FFTV 「エネルギー基本計画にパブコメ募集中!原発ゼロの声を再び!」
12月12日(木)21:00~22:00
【出演】松原弘直(ISEP)、吉田明子(FoE Japan)ほか
http://youtu.be/OpUQXvZDEPE

※声明など
【FoE Japan 声明】
福島原発事故と「国民的議論」を無視した「エネルギー基本計画(案)」は撤回すべき
原発回帰や核燃料サイクル推進は非現実的
http://www.foejapan.org/energy/news/131216.html

【原子力市民委員会】
緊急声明:政府は原発ゼロ社会の実現をめざし、民意を反映した
新しい「エネルギー基本計画」を策定せよ

【脱原発をめざす首長会議】
新しい「エネルギー基本計画」で原子力発電を
「基盤となる重要なベース電源」と位置づけることに強く反対する決議
pdf" target="_blank">http://mayors.npfree.jp/wp-content/uploads/2013/12/20131215_statement_a.pdf

※報道
原発再稼働へ閣僚会議初開催 官房長官「緊密に連携」 (日経 12月17日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS17004_X11C13A2EB1000/
政府は17日、原子力政策と高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する関係閣僚
会議を初めて開いた。政府の中長期的なエネルギー基本計画を2014年1月中に
閣議決定するため、意見を集約する。菅義偉官房長官は「原子力政策に関係す
る行政機関の緊密な連携のもとに総合的に検討する」と述べた。
 原発を「基盤となる重要なベース電源」と位置付けるエネルギー基本計画案は、
政府の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(会長は三村明夫新日鉄
住金相談役)が13日にまとめた。安全を確認した原発の再稼働推進を明記し、
民主党政権の「原発ゼロ」方針から転換した。この分科会案に閣僚会議や与党
の意見を反映して1月に基本計画を決める。
 高レベル放射性廃棄物の最終処分では「国が前面に出て科学的に適地を
選定する」方針を基本計画案に明記した。原発から出る使用済み核燃料の
再処理で発生する廃棄物は最終処分場が1つもない。持続的な原発政策に
不可欠となる最終処分の問題でも国が前面に出て取り組む姿勢を示す。

「原発の新増設を」 経産省がエネルギー基本計画会合 (日経新聞 12月16日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS16033_W3A011C1EE8000/

「原発ゼロ」なし崩し 核燃サイクル・もんじゅも継続明記(東京新聞 12月14日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013121402000119.html

エネルギー計画案を批判=民主・海江田代表(時事 12月17日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013121700955

原発新増設の必要性明示を 自民議連 エネルギー計画に向け提言
(産経 12月18日)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131218/stt13121800060001-n1.htm

エネルギー計画 原発の中長期的活用は妥当だ(12月14日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131213-OYT1T01384.htm

(社説)エネルギー計画 原発回帰こそ非現実的(朝日新聞 12月14日)
http://www.asahi.com/articles/TKY201312130519.html

エネルギー計画 展望のない逆戻りだ(信濃毎日新聞 12月15日)
http://www.shinmai.co.jp/news/20131215/KT131213ETI090010000.php

再稼働、現状では暴挙 専門家、新基準を批判(佐賀新聞 12月14日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2596187.article.html




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック