ふくしま再生支援スタデイツアー(2)

東北大学や山形大学の教授達で組織する
電気化学学会のメンバーを対象とした
ふくしま再生支援スタデイツアーの記事が
福島民報新聞に掲載された。

夢未来いなか塾の活動拠点のダーチャ村の記事は
原発事故以来は初めて・・・
ようやく・・・・活動を再開し始めたダーチャ村・・・
(記者は小生・・・・)


ツアーの目指すところは、従来型の観光では無く、
専門家や大学教授達に
ふくしまの現場視察や住民との意見交換を通じて、
よりふくしまの真実を知ってもらい、
何らかの形での支援へ繋げ
(学生達へふくしまの真実を伝える事だけでもOK)
『原発はあってはならない存在』である事を考えてもらう事・・・


特に各種学会のメンバー(例原子力学会、電気化学学会等)や
専門家団体(例NPO 放射線安全フォーラム)、
そして大学の教官等を対象に視察やワークショップを主体に
1泊又は2泊程度の”ふくしま再生支援スタデイツアー”を計画。

将来は学生同士(理系と文系)の出会い(話し合い)の場の
提供になる事も想定


今後も以下その記事を掲載します。




画像



画像




画像




画像




画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック