東電を告訴せよ!

福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会が
日比谷公会堂で開催された。
平日にも関わらず約1000人の参加
福島県からも告訴団がバス3台で駆け付けた。

その後、東京地検前に移動し地検に対する『激励会』。
更に東電本社前での抗議行動・・・
その後、東電本社前での抗議行動・・・


『福島の叫びを聞け!』
『福島の怒りを聞け!』
『東電は自首せよ!』
『東電を強制捜査せよ!』
『東電を告訴せよ!』


2年3か月も過ぎているにも関わらず
東京地検は東電への強制捜査すらしていない
無過失責任を東電は認めいる。
(原賠法で過失の有無にかかわらず事業者の責任を明記)

しかし、福島のある弁護士の意見としては
無過失責任ではなく『過失責任』であることは明確であり
予見可能性と結果回避可能性があった。
(36年前の原発さし止め訴訟で原告が地震・津波の危険と
炉過密の危険を指摘、その後の貞観津波の指摘など
各事実あり・・・)

今回の原告団の弁護士がこの事実をどうとらえ
どのように検察に意見陳述しているのだろうか??

その様子は以下をご覧ください。


『東京地検前の激励会』

http://www.ustream.tv/recorded/33571315




画像



画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック