テントの前に原発なくせ!

国は経産省前のテントの撤去の請求訴訟を起こした。
2名を被告とし、1100万円の損害賠償なるものを請求!
原発事故は何も解決・収束してない。

『健康で文化的な最低限の生活を営む権利』
を国民は保障されている。(憲法25条)

だが、ふくしま県民16万人は避難者は
この生活権を奪われている。
この原発推進と棄民政策を進める国の横暴に
対するささやかな監視機能としてのテント村・・・

『憲法が保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によって保持しなければならない』
とも謳っている。(憲法12条)


◆井戸川前双葉町町長のコメント
  『国民がここに集い、行動せざるをえなくなった
 原因をつくった国がまず反省すべきだ。
 私は被災者として皆さんの行動に感謝している。
 テントのあるここは国有地で、国有地は国民のものだ!
 国民主権であることを忘れてもらっては困る』

◆双葉町から東京へ避難中の女性のコメント
  『着の身着のまま逃げました。
 その後東京の借り上げ住宅に入りました。
 お茶ひとつ無い。2~3か月間泣き続けました。
 たまたまテント村の人と出会い励まされました。
 私はここに来なかったら立ち直る事が出来なかった。
 テント村は私の第二の故郷です。
 お願いです。無くさないでください。』


テント村を死守する為の署名をお願いいたします。

                       
        ◇脱原発テントといのちを守る闘い◇
 <「土地明渡請求訴訟取り下げ署名」への協力・拡散のお願い>

現在、テントひろばでは、「土地明渡請求訴訟の取り下げを求めるための署名」を
経産省前テントひろば受付と、インターネットでお願いしております。

「土地明渡請求訴訟」取り下げを求める請願署名
http://tentohiroba.tumblr.com/post/48968694817


署名への協力、ツイッター、フェイスブック、メーリングリスト、
ブログなどでの拡散も宜しくお願いします。
今回の署名は、情報を削除の上、請願の形で、5月10日(金)に
経済産業省に請願の形で提出します。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック