電気料金値上げの欺瞞!

電気料金値上げはまったく必要ない!!

東電はじめ日本の電力会社は世界で最も高く
LNGガスを購入し、電気料金に転化している。
このLNGガスの価格を韓国や台湾並みの購入価格に
値下げ交渉するだけで電気料金の値上げは必要ない!!

東京新聞の社説で以下のように述べている。
『欧州は百万BTUあたり12ドル前後で輸入し、
韓国はシェールガスの量産が始まった米国から10ドルで輸入。
しかし、日本は中東などから17ドルの高値買い。
稚拙とさえいえる燃料調達は東電だけではなく、
他の九電力も大差ない。
複数の輸入業者を一括して交渉し、値下げを執拗に迫る
韓国の事例が参考になる』


東電に質問していたところ以下の回答(第2回目)がきた。
内容不備の為更なる質問(第3回目)している。

みなさなも是非も最寄の東電支店や営業センターの担当を
(お客さまサービス)を自宅に呼びつけ質問してみてください。

納得いかなければ『電気料金自主払い~ニコニコ2回払い~』を
お勧めします。
10万人規模に発展させましょう!!


小生は1円減額から開始しました!!

詳細は以下ご覧ください

『電気料金自主払い~ニコニコ2回払い~』
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-17

『料金値上げは必要ない』
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-23-1



ーーーーーーー東電への第3回目の質問ーーーーーーーーー


東京電力株式会社 神奈川支店
 鶴見支社中山地域お客さまサービスG
  ×× ××殿
  


回答ありがとうございます。

最も知りたかった『LNGガスの購入価格は台湾・韓国よりも
15%程度高い理由』についての回答が以下とすれば


『現状、韓国や台湾などよりも高い価格となっている
要因としては、長期購入契約の締結時期が、
高いレートの時期だったことなどがあげられます。
この点について、契約見直し時期を捉え、
値下げ交渉を行うとともに、
シェールガスなど安価なガスの購入についても
積極的に対応し、燃料費の低減を目指して参る所存で す。』

今回の電気料値上げに対し上記の努力は全く反映されていない!!(怒り)
燃料費の購入価格の低減を企業努力目標として設定し、
電気料金に反映させるのが公共事業主としての責務です。
電気料金審査専門委員会は燃料費についてまったく
切り込んでいませんが、国民は納得できません!!

電気料金を支払うのは委員会ではなく、消費者一人ひとりです!

この状態では電気料金値上げ分についての
支払い拒否運動が広まる可能性があります!!

上記に対し更なる企業努力をし、電気料金の値上げを
いっそう抑えるようにお願いいたします。
(燃料費の交渉努力目標値を電気料金に反映させるべき)

至急ご回答をお願いいたします。


××  ×


ーーーーーーーー東電からの第2回目の回答ーーーーーーーーーーー

×× ×様

お世話になります。
回答が遅くなりましたことにつきましてお詫び申し上げます。
以下に回答させて頂きます。

Q:なぜ2005年は、アメリカよりも安く今は高いのか。
A:日本や韓国等アジア向けLNGの市場価格は原油価格に連動しており、
  近年は原油価格の高騰に並行して上昇しております。
  一方で、アメリカのLNG市場価格は、原油等の国内生産も
  安定的にあることから、自国(アメリカ)の需給状況等に
  影響され決定されており、2000年代前半までは
  消費量に応じて価格も推移していました。
  そうした中で、1970年代からその存在は知られているものの
  採掘・採取方法が確立しておらず、
  目立った存在ではなかったシェールガスが、
  2000年代後半以降、採掘・採取方法の技術革新がおこり
  生産量を大きく伸ばしており、自国(アメリカ)内の埋蔵量も
  ふんだんにあることから、自国(アメリカ)の需給状況を緩和させ、
  結果して市場価格が下落安定傾向となっております。
  2005年当時と現在の状況変化は、上記内容が要因となっております。

Q:2005年と現状で、アメリカや欧州や台湾・韓国との間で
  どの様に購入環境が変わっ たのか。
A:アメリカ、および台湾・韓国などアジア向け市場の
  購入環境の変化は上述のとおりです。
  また、欧州市場は、英国など自国の需給状況に影響される国と、
  原油価格に影響される国とがありますが、
  上記シェールガスの生産量拡大の影響で、
  アメリカが購入を予定していたLNGが、
  比較的安価に欧州に流れ込み、
  結果として市場価格の高騰が抑制されております。
 
Q:日本や韓国が一気に上がった理由の主な要因は何か。
A:原油価格の高騰が主な要因です。
  現状、韓国や台湾などよりも高い価格となっている要因としては、
  長期購入契約の締結時期が、高いレートの時期だったことなどが
  あげられます。
  この点について、契約見直し時期を捉え、値下げ交渉を行うとともに、
  シェールガスなど安価なガスの購入についても積極的に対応し、
  燃料費の低減を目指して参る所存です。

なお、前回「ご意見として承る」とご回答しました部分ついては、
現在まさしく「電気料金審査専門委員会」や「消費者委員会」の
審査を受けているところでございま す。
その後、経済産業大臣の査定結果に基づき原価を見直す事に
なっておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上


東京電力鶴見支社中山地域お客さまサービスG
×× ××



関連ブログをご覧ください

『料金値上げは必要ない!』
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-23-1

『東電への質問状』
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-06-12


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック