子ども達に未来を!!

原発事故は子ども達を被曝させてしまう
取り返しの出来ない大きな過ちを犯してしまった!!
子ども達に今大人達が出来る事は
原発を廃絶し、安全な日本を残す事・・・・

未来を背負う日本の子ども達や若者達に
夢と希望を与える事が
我々大人たちの責務・・・


そんな子ども達へのエールをおくっている
ブログを再度ここで紹介したい・・・・

             
【子どもらに希望を!】
http://49981367.at.webry.info/201005/article_4.html


地方では子どもの人口が極端に少なくなった。
50年前の1/5程度。
伝統文化の維持・継承も困難だ・・
地方の危機、そして日本の危機だ!!

こんな状況にありながら政府や地方自治体は
有効な手段を打てないでいる。

ゆとり教育で、日本の15歳の子ども達の
学力レベルは低下してしまった。
既に韓国や台湾にも抜かれている。

10年前まではいつも1位か2位だった
数学的リテラシーや
科学的リテラシーは
今や世界で10位前後。

資源を有しない日本。
国家として生き抜く為には
技術立国しかあり得ない。

金融立国を目指した日本は既に頓挫。
韓国や台湾、香港といった近隣諸国に
学力レベルで追い抜かれては
国家として生き抜く術がない。


数学(算数)が嫌い、理科が嫌いと
子ども達は平気で言う。
こんな子ども達で日本は救えるのか??
世界で生き抜く力が持てるのか??

子ども達に数学(算数)や科学に
興味を待たせる術を
地域全体で支える仕組みを
文科省や教育委員会は考えるべきだろう。
閉鎖的な学校が日本をダメにする。
狭い地域での視点ではなく、
世界との競争を常に意識した教育が望まれる・・


今の子ども達に希望を与える事
世界の中で生き抜く力を与える事が
日本の国家にとって何よりも大切な事。

国家として、自治体として
子どもの教育にもっと投資する事が
国家としての保険になるはずなのだが・・

子ども達に、世界で生き抜く力をつけさすことが
将来来るかも知れない国家破綻から
国を再生する(身を守る)最良の手段なのだが・・・・



【万人子守地蔵尊祭】
http://49981367.at.webry.info/201005/article_2.html

【子ども達の命を救う!】
http://49981367.at.webry.info/201105/article_7.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック