選手宣誓から希望

被災した東北の人々、そして日本全国民が
高校球児の力強い選手宣誓から明るい希望をもらった!!

選手宣誓した球児の母校石巻市は
最も悲惨な津波の被害を被った!

小生のいとこも自宅を流された!
昨年4月に石巻に見舞いに行ったが
土台ごと流され跡形もない!!

そんな石巻市の高校生の選手宣誓に
涙を流した国民は多かったろう・・・
彼らも家を流されたり等被災しているはずだ!!


『見せましょう、日本の底力、絆を。』

この言葉の響きに日本人の魂が
込められた力強いメッセージ!!
励ましをもらった!!

復興ビジョンを持たない国や県に
任せていてはいつになるかわからない・・・

第84回選抜高校野球大会の開会式で、
石巻工(宮城)・阿部翔人(しょうと)主将が
行った選手宣誓の全文。

『宣誓。
東日本大震災から一年、
日本は復興の真っ最中です。
被災をされた方々の中には、
苦しくて心の整理がつかず、
今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、
悲しみに暮れている方がたくさんいます。

人は誰でも答えのない悲しみを
受け入れることは苦しくてつらいことです。

しかし、日本が一つになり、
その苦難を乗り越えることができれば、
その先に必ず大きな幸せが
待っていると信じています。

だからこそ、日本中に届けましょう。
感動、勇気、そして笑顔を。
見せましょう、日本の底力、絆を。

我々、高校球児ができること、
それは、全力で戦い抜き、
最後まで諦めないことです。
今、野球ができることに感謝し、
全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。

平成24年3月21日、選手代表、
宮城県石巻工業高等学校野球部主将、阿部翔人』





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック