原発いらない福島の女たち

10月27日から11月5日までの10日間
経済産業省前で女たちの座り込みが開始された。

脱原発は代替エレルギーをどう解決するか?
この事が解決しない限り、難しい判断だが・・
情報を掩蔽し信頼を失墜させた、
そして危機管理能力の無い
今の、政府や原子力安全保安院に
我々の命を任せるわけには行かない!!

今は『脱原発依存』は正しい判断だろう!!
自然エレルギーや化石燃料を使いながら
30年ぐらいかて、今後の人類が
どのようなエネルギーを使うべきか議論すればいい。
ふくしまにとって『脱原発』は間違いのない正しい判断だ!!

国民的に議論していくいい機会だ!!
エレルギー政策には国民的な合意形成が必要な時!!


以下はそのレポート(転載)

原発いらない福島の女たちと支援702人

◯10月27日(木)朝10時より午後3時まで
 経産省前は、テントを中心に700人を超える
 多彩な人々で大にぎわいでした。

 テントが「9条改憲阻止の人々」(男性多数)を中心に、
 9月11日以来、今日まで47日苦労の中で維持されてきて、
 そこを拠点にして福島の女性たちが
 “原発やめよ”諸行動を起こし、
 それを東京圏のみんな(男女)が
 支援した行動の第1日目でした。

◯朝10時からの集会は、佐藤幸子さんのあいさつ、
 武藤類子さんのメッセージ読み上げと
 今日の日程紹介(経産省申し入れ30人)、
 (女性議員訪問10から15人)、
 佐々木けい子さん、服部良一議員のあいさつの4人。
 そのあと約5時間の座り込み中は、
 音楽あり、いくつものアピールあり…にぎやかでした。

◯参加者は、途中発表500人余、最終発表は702人(うち福島65人以上)
 (女性テントの掲示発表)(実数はこれ以上かも)

◯なお、3つめのテントの設営も始まりました。

◯明日28日(金)、29日(土)の2日間
 朝10時よりの経産省前座り込み行動。

 あなたも参加を!
 武藤さんたちが、あいさつの前後に、
 持っていた横断幕(今治パブテスト教会女有志)の文は
 「ただちにすべての原発を廃炉に」という簡潔明瞭な文でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック