赤と黒の安達太良山

毎日安達太良山を見て過ごす。
その姿は時間とともに変化する。

ある時は優しく、ある時は厳しく
そしてある時は寂しく・・・
そして熱い情熱をも与えてくれる。


画像
                          朝日に染まる安達太良山



早朝の朝日が安達太良山に当ると
その姿は山全体が火事で燃え上がったように真っ赤になる。
僅か数分間の自然現象だ。
こんな朝は幸福感に包まれる。
得をしたような気分になれる。


画像
                          こんな日は1日中幸せになれる


秋の日は短い。
太陽が安達太良山に沈むと
西の空はピンク色に染まる。

そして15分もすると、安達太良山が真っ黒な影となって迫ってくる。

画像
                            夕日に染まる安達太良山


こんな安達太良山も時として悪魔に変身する。
風が吹き荒れる。
家が揺れる程の猛烈な強い風が襲う。
大きな二重サッシのガラス戸がしなる。
こんな夜はただ風が収まるのを待つだけだ。

風が収まると、また静かで穏やかな安達太良山の
姿を見せてくれる。

画像
                             黒い影が迫ってくる 



家の周りの木々の葉も落ち、既に初雪も降った。
冬の到来だ。
周りには冬鳥が多く姿を見せるようにもなった。
こんな自然とのかかわりが人を幸せにしてくれる。
田舎暮らしの楽しみだ。

このほど”夢未来いなか塾たより”を発刊した。
会員全員に配布した。
”夢未来いなか塾”の会員になりたいという都会の人が増えてきた。
都会の人達も食の安全、食料危機、震災時の食材の安定供給
について考え始めた。

いなか”第2のふるさと”の必要性を感じている人が増加してきた証拠だ。
”夢未来いなか塾”は都会の人達との連携を図り
双方のメリットになる事を目指していく。
より多くの人達に会員になってもらいたい。
皆様方からのご連絡をお待ちしております。

横浜の全国的に名の知れた某商店街で
近々有機野菜等の販売が実施できそうだ。
都会の人々がいなかとの接点を持つきっかけとなればいい。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月27日 19:04
安達太良山の刻々に移りゆく光景を飽かずに眺め、写真に納める。安達太良はゆうゆうさんの魂のようですね。別次元のような美しさです。県南から見ますと安達太良は裾野が扇形に広がる流麗な姿でそびえたっています。都会から来た方はこの山を見ると「あー、みちのくに来た」と思うでしょう。
私も安達太良は4,5回登りました。残雪にビニールを敷いて滑降したこともあります。毒ガス噴出があってからは今は登っていませんが・・・
 ところで私も会員になれるのでしょうか?都会の方限定ですか?
ゆうゆう
2008年11月27日 22:40
織音さん:近くにいながら今年も安達太良山には登っていません。どうも運動不足で足を鍛えてからと思っているうちに2年が過ぎてしましました。
来年こそは登ってみます。但しスキーではロープウェイの山頂駅には何回も行っていますが・・・
会員には誰でもなれます。是非入っていただきたいと思います。
こんな輪が大きく広がればと思っています。
事業体系や今回発刊した”夢未来いなか塾たより”は別途メールアドレスへ送付いたします。よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • あだたらを愛でる

    Excerpt: 毎日あだたら山を見て暮らす。 あだたらと共に生きる。 初夏から撮ったあだたら山と スカイピア周辺の写真を掲載。 Weblog: 人生二毛作の田舎暮らし racked: 2009-09-09 11:59
  • あだたら山を愛でる

    Excerpt: 毎日あだたら山を見て暮らす。 あだたらと共に生きる。 初夏から撮ったあだたら山と スカイピア周辺の写真を掲載。          【安達太良山に夕日が沈む瞬間・・・・】.. Weblog: 人生二毛作の田舎暮らし racked: 2009-09-09 18:10