有機農業してみませんか?~夢未来いなか塾~

食の安全が注目されている。
中国からの輸入される食材への不安。
残留農薬に対する不安。
自分の目で生産地、生産者・農家を確認したい。
こんな中で有機農業が見直させている。

このふるさといわしろに有機農場がある。

画像

                           安達太良山が望める有機農場
                       (この日は天気が悪く裾野しか見えなかった・・・)



この農場からは安達太良山が望める。
安達太良山を眺めながらの農業も悪くはない。
田舎では高齢化で休耕地が増えてきた。
若者は農業を受け継がない。
農業だけでは生活できないからだ。

画像

                          小浜城から見た有機農場と安達太良山




都会の人達の市民農園での野菜の自給も盛んだ。
しかし有機農業まではやる人は少ないはずだ。
究極の農業は地球に優しい循環型の農業である有機農業だ。
有機農業には農薬は使わない。
化学肥料も使わない。

有機農法の野菜は甘さがちがう。
育ちも違う。
連作障害もない。
それは土に棲む有益な微生物を育てるからだ。
この微生物が害のある微生物を退治してくれる。
化学肥料はこの有益な微生物をも殺してしまうのだ。
化学肥料は抗がん剤にも似ている。


画像

                              農場から見た小浜城祉   




この農場は伊達政宗の居城がある小浜城のすぐ横にある。
春には満開の桜も楽しめる。
詳細は以下のブログ参照

http://49981367.at.webry.info/200709/article_4.html

車で15分のところには”合戦場のしだれ桜”もある。
詳細は以下のブログ参照

http://49981367.at.webry.info/200708/article_1.html

画像

                             春には満開の桜が咲く小浜城祉




この有機農業では研修性も受け入れる。
地球に優しく、そして食への安全な農業がこれからは必須だ。
この農法が有機農業だ。

有機農業を学ぶ事は食の安全、そして地球環境を考える事にもつながる。
みなさん、安達太良山が見えるこの農場で有機農業を学んでみませんか?


今、”夢未来いなか塾(仮称)”の立ち上げを準備中だ。
有機農法の研修生を募集中だ。
荒れた竹林の保全。
この竹を粉砕し有機農業の肥料に使う。
菜の花やひまわりを育成し食油をつくる。
そして農機具の燃料にも使う。
有機農業をコアとした循環型農業や社会を目指したい。
そして少しでも地域の活性化につながればと・・・

このまちには海外からのお嫁さんも多い。
伝統芸能も多い。
ダッシュ村はすぐ近くだ。
この地域全体がダッシュ村だ。

みなさん、こんな田舎で一緒に汗を流してみませんか・・・
そして好きになればこのまちに住んでもらってもいい。


『夢未来いなか塾』を5月に設立しました。
詳細は以下を覘いてみてください。

http://49981367.at.webry.info/200805/article_5.html


希望者のご連絡をお待ちしております。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年05月26日 15:24
はじめまして。九州の大分県の大分市に住んでます。
「循環型農法」を推進されている人が大分県にも一人おりますよ。
この方法での農作物は人にも地球にもやさしいですよね。しかしたいへんでしょう。我が家の小さな畑さえ害虫に悩まされていていっそのこと農薬を散布したいとおもうことが度々あります。
ゆうゆう
2008年05月26日 22:01
亀次郎さん:コメントありがとうございます。
『夢未来いなか塾』は立ち上げたばかりです。できるところから始めます。
まずはひまわりを植え景観を良くし、行く人に癒しと活力が与えられればと・・・詳細は以下を覘いてみてください。

循環型農業は大変ですが、これからは見直されるはずです・・・

http://49981367.at.webry.info/200805/article_5.html

この記事へのトラックバック

  • 勇壮な三匹獅子舞

    Excerpt: 車で3分程度のところに諏訪神社がある。 ここで勇壮な長折の三匹獅子舞が繰り広げられた。 この三匹獅子舞は県の重要無形民族文化財にも指定されている。 Weblog: 人生二毛作の田舎暮らし racked: 2008-05-14 11:15
  • 夢未来いなか塾の設立

    Excerpt: 過疎化と高齢化で毎年商店が無くなっていく。 たんぼを守っているのは70歳、80歳台の老人だ。 いずれこのたんぼも日本の国から無くなってしまうのでないか・・・ 食の安全や食料危機が注目されてきた。.. Weblog: 人生二毛作の田舎暮らし racked: 2008-05-20 11:46