あれが安達太良山・・・

生まれた時から安達太良山を眺めてきた。
今年ふるさとに戻ってからは、毎日のように安達太良山を見る。
春夏秋冬その姿を変える。
安達太良山が良く見える絶景ポイントを探し続けた。

その絶景ポイントの一つがここだ。
岳温泉から車で3分程度のスカイピア二本松。
自宅からは30分程度のところだ。

画像

                            スカイピア二本松から見た安達太良山


安達太良山は、別名「乳首山(ちちくびやま)」とも呼ばれる。
姿がそれに似ているからだ。
標高1700m。

画像

                             ほんとうの空の下の安達太良山


ふるさと岩代から見える安達太良山は右に吾妻山も連なって更に雄大だ。
ここは今年発見した絶景ポイントだ。
このような絶景ポイントを他にも数箇所見つけた。

画像

                         岩代からの安達太良山(左)と吾妻連峰(右)


『あれが阿多多羅山、あのひかるのが阿武隈川」(樹下の二人)
『阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が、智恵子のほんとの空だといふ』
高村光太郎が詠んだ詩だ。
妻 智恵子のふるさとでもある。

画像

                            秋真っ盛りの安達太良山


岩代図書館から見る冬の安達太良山は更に美しい。
この図書館で本や新聞を読みながら、疲れた時には安達太良山に目をやる。
そして地元の人との会話。
ほんとうの空の下に雪で覆われた白い安達太良山がそこにある。

画像

                       岩代図書館の窓から見た冬の安達太良山(昨年)


こんな安達太良山は疲れた都会の人を癒してくれるはずだ。
安達太良山を眺めながら、ゆとりの図書館での晴耕雨読の生活が
ここにはある。


岩代図書館については以下のブログにも記載しましたので覘いてみてください。

http://49981367.at.webry.info/200711/article_2.html


この図書館は全国誌にも掲載された。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック