田舎の音

田舎での生活の大きな違いは聞こえる音。

今はヒグラシの声が聞こえる。
そして川のせせらぎ(とは言ってもうるさいくらいの音)の音。
朝はうるさいくらいの小鳥のさえずりで目をさます。(実際は目覚ましで起きるが・・・)

ちょっと車で足を延ばせば、大自然の中・・・
安達太良山の中腹にフォレストパークというところがある。
ここに平日行くと、まったく都会とは別世界・・・
聞こえる音が自然の音のみ、至福の時間が味わえる。


画像
                            フォレストパークの白樺林
   

以下は7月上旬のある平日にフォレストパークへ行った時の出来事。


露天風呂があるとの事で入ってみた。
露天風呂を独り占め、誰ひとりお客がこない。
本とビール(と言いたいところだが、車の為お茶)を持ち込み、
1時間半一人で露天風呂につかり、緑を眺めながら本を読んできた。
これも贅沢の時間。

林に囲まれた駐車場には従業員以外の車は無く、
駐車場に椅子を出し 本、新聞(横浜で取っていた5ヶ月分の日経新聞を運んできた)を読んだり しながら、
ふと耳を澄ますと、いろいろな音が聞こえてきた。

風の音
  ・
  ・
  ・
小鳥の声
  ・
  ・ 
  ・
ここまでは誰でも想像できますね・・・


他にどんな音が聞こえますか???

ちょっと想像してみてださい 。

    ・ 
    ・   





    ・  
    ・   
    ・






せみの声です 。

更に

    ・  
    :
    ・




    ・
    ・



かえる声・・・・

この4つの音のハーモニー。
まさに至福の時。


帰宅途中、”あんぽん炭”という看板にひかれ行ってみた。
そこでまさに スローライフそのものを実践している人に会い、話しをしてきた。
早期退職し、炭焼きを行っている。
炭窯だけではなく、8m程もある安達太良山が一望できるツリーハウスを杉の木に造り
そこでのビールと夜空の星を眺めているとの事・・・
自然との共生がそこにある。
これぞまさしく、スローライフ、人生二毛作、至福の人生・・・・

近くの敷地は土地(森林)を買い上げ、休日を利用し自分で森林を切り開いて、
その土地に自分たちで家を作っている埼玉の人もいる・・

田舎には都会には無い、豊かさがある。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 早期退職について

    Excerpt: 早期退職をした人を二人知っています。一人は、55歳のときに早期退職をして、陶芸家になっていました。最初は早期退職をするつもりはなかったそうですが、10年ほど趣味で習っていた陶芸で賞をもらうことができた.. Weblog: 団塊世代の早期退職 racked: 2007-08-05 14:45