人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発事故原因の究明を!

<<   作成日時 : 2016/05/27 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

被災県でる福島県が原発事故原因の究明を行わなずして
県民の心の再生はあり得ない。
これが被曝し、避難している福島県民への最低限の責務。
多くの県民が裁判で闘っている。
福島県の原因究明が陰ながら県民である被害者を支える事になる。

新潟県が専門家からなる委員会を立ち上げて
事故原因究明を行っている。
福島県は廃炉、汚染水対策等対応すべき事は山ほどあり、
事故原因究明に人力をかける余裕が無い事も理解できる。

従い、福島県の原子力安全対策課の主幹にTELで以下を提案した。

1.新潟県の事故原因究明委員会に福島県はオブザーバーとして参加する。
2.その為には福島県に選任の専門家を新たに採用する。
3.福島県は新潟県とは異なる視点での原因究明にあたる。
4.まずは多くの裁判の訴状や、原因究明に関し出版されている本や国会事項調等の報告書を学ぶ。


以下はメールにて1か月前に要請したものの一部を転載

福島県 危機管理部 原子力安全対策課
××主幹殿


福島県も新潟県に見習い、事故原因究明を実施ください。
これが被曝し、避難している福島県民への最低限の責務です。

以下、参考までに(新潟県の状況)
http://oshidori-makoken.com/?p=2309


原子力に長年携わってきた専門家のFBです。参考までに
福島県も新潟県のように、原因究明してください。
専門家による調査委員会(廃炉とは別に)を立ち上げてください。
原災法違反である事を究明ください。


専門家Nさん:
スリーマイル原発事故、チェルノブイリ原発事故は原子力関係者に限らず、一般国民も知っています。このようなシビアアクシデントが起こることは誰でも知っています。
日本の原発ではシビアアクシデントは起こらないということで、対策を取りませんでした。これは日本の電力会社の上層部の判断です。その判断をするための技術検討資料を探索していますが、見つけられていません。その資料を見つけた人はお知らせ願います。
日本の電力会社の上層部の判断を原子力関係者は誰も知っています。一部の防災技術者を除いて原子力関係者の誰もがその判断を認めていました。今は認めていた誰もが間違っていると感じています。原子力関係者の誰もが、福島原発事故の原因を追究し、素直に反省しないと原子力推進は国民全体に受け入れてもらえません。


専門家Yさん:
福島事故後新潟技術委員会の席上、国会事故調報告書の説明に来られた事故調委員だったNという弁護士の方がこのことを調査されて 共通問題懇談会という安全委員会委員と電事連の関係者で構成される懇談会で シビアアクシデントを規制対象にせず、民間自主保安の範囲にて取り組むと決められたのが発端になっていると説明されました。
それは共通問題懇談会の議事録に記載されており、国会事故調委員のNさんは私は法律家なのでその裏付けとして そのことを記した共通問題懇談会議事録を調査の証拠書類として取得し、保管されているといっていました。共通問題懇談会のことは国会事故調の報告書にも記載されており、新潟の技術委員会は公開なので概委員会委員
のT先生も当方同様に ご記憶のはずですよ。

概共通問題議事録は国会事故調の事務局に開示請求されたらいかがですか?
この共通問題懇談会では概問題を討議した以上決定を裏付ける技術検討資料が 席上に提出されたはずですね。言い換えればそのような技術検討資料もなしに当時の原子力安全委員が規制対象外にすることに了承したということならば一体どういうことなのでしょうね?

専門家Nさん:
共通問題懇談会について国会事故調が調べたことは知っています。自主保安にしたが事業者はしかるべき対策をとらなかったこと、原災法で対策を要求していることまでは国会事故調は調べませんでした。T先生(新潟技術委員会)はN弁護士にどうしてここまで追及しなかったのでしょうか。
原災法に違反していることが明確になり、東電が法律違反したということになりますが、そこまでになることを恐れて国会事故調は追及しなかったと推測されます。真実をN弁護士に尋ねることはできますか。

専門家Nさん:
原災法に違反していることが明確になり、東電が法律違反したということになりますが、そこまでになることを恐れて国会事故調は追及しなかった 。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発事故原因の究明を! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる