人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射能の影響とは考えにくいの欺瞞!

<<   作成日時 : 2016/03/12 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

報道ステーション素晴らしかった。
環境省主催の福島県健康調査検討会座長で
長崎大学名誉教授の長瀧重信氏と話す機会があった。
(現在は放射線影響協会 理事長)

『初期被ばく線量が分かっていない段階での甲状腺がん患者に対し
、放射能の影響は考えにくいとの結論は時期尚早ではなかったのか?』
の小生の質問に長瀧氏からは医学的・科学的な反論は無かった。
彼の口から出たのは『子どもの甲状腺がんについては何も分かっていない』
そして、スクリーニング効果や過剰診断に対する
患者や親御さんへの心情論。

『だとすれば原因は現段階ではわからないとすべきではなかったか』と迫った。
医学的には何も分かっていない事が判明したこの段階では
過剰な安全論・楽観論の方をこそ問題にすべき!

しかし、実際の患者は原因究明(白黒つける事)を望んていた。(報道ステーション) 
長瀧氏の言う心情論は真実を隠す為の口実に過ぎない!
チェルノブイリと比較し福島の被曝線量は少ないというのは 
集団・グループとしてであり、
一人ひとりの初期被ばく線量を検証したものでは無い。 
額面通りの被曝線量が少ないは受け入れがたい。
(報道ステーション・床次教授)

5才以下の発見が無いとしているが
チェルノブイリでは事故後早くて7〜8年後だった。

2巡目で51人ものがん患者が見つかった事に対する
説明は全くなく、チェルノブイリの医師も疑問視している。


健康調査検討会が『放射能の影響は考えにくい』とする
4つの理由はことごとく否定された事になる。

報道ステーションを観て、『放射能の影響は考えにくい』とする事は
科学的・医学的に見て大きな矛盾である事を確信した。



画像




画像




画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『放射能の影響とは考えにくい』を撤回せよ!
甲状腺がん多発の原因について検討委員会は 『放射能の影響とは考えにくい』を撤回し 『放射能の影響かどうかは現段階では分からない』と すべきと以下のメールを関係者に送付した。 ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2016/03/15 10:34
『放射能の影響とは考えにくい』を撤回せよ!
甲状腺がん多発の原因について検討委員会は『放射能の影響とは考えにくい』を撤回し『放射能の影響かどうかは現段階では分からない』と すべきと以下のメールを関係者に送付した。   −−−−     −−−− 福島医大  大津留教授殿 福島県健康調査課   小林課長殿 cc清水修二特任教授殿    床次眞司教授殿    高村昇教授殿 鈴木眞一教授殿 日頃からのご尽力に感謝申し上げます。 3月11日報道の報道ステーションでは検討委員会の『放射能の影響は考えにくい』と する4つの理由がこと... ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2016/03/15 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射能の影響とは考えにくいの欺瞞! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる