人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 廃炉までの30〜40年は単なる政治的目標

<<   作成日時 : 2015/12/21 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【廃炉までの30〜40年は単なる政治的目標】

NPO放射能安全フォーラムの定例研究会。
今回は東大教授と原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF)から、
福島第一原発の廃炉の現状と今後の課題等についての
講演と意見交換を実施。

廃炉までの30〜40年はメドが付いている訳ではなく、
単なる政治的な目標である事。
燃料デプリの取り出し方法の確定が2018年上半期としているが
これも目標であり目途がついている訳ではない。
多くの課題の洗い出しさえできていないのが現状。
あと2年半で燃料デプリの取り出し方法が決まるとは思えない。

しかし取り出しが遅くなればなるほど
塩水腐食や鉄筋腐食等でリスクも大きくなるという。
時間との闘いでもある。
取り出しの期間はどれほどかかるのか?
やってみないと分からない。

デプリの搬送や保管方法、原子炉の解体等は何も検討が進んでいない。
『もんじゅ』のように、10年後には、更に30〜40年、
また10年後には30〜40年と
廃炉の日程がずるずると延長されないようにと
NDFの執行役員には伝えたが・・・

ロボット技術や解体時の放射能飛散についても
これからの検討課題。

デプリ取り出し時に大地震が来ても、
大災害にならないようにも考慮しなければならない。

住民を帰還させても本当に大丈夫なのだろうか???




画像




画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
廃炉までの30〜40年は単なる政治的目標 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる