人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS ひだんれんを応援する会(仮称)

<<   作成日時 : 2015/07/30 13:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ひだんれん事務局に以下を提言した。



ひだんれん事務局のみなさん
  

日頃のご尽力に敬意を表します。

昨日、「ひだんれんを応援する会(仮称)』が二本松市の岩代公民館に集まり、
意見交換しました。
何とかこの状況を打開しなけてばならないとの意見で一致しました。
その中で以下の2つの提言をひだんれんにしてみてはどうかとの結論に達しました。
メンバーは
千葉県、飯館村、会津若松市、須賀川市、三春町、二本松市(2名)の7名です。

是非、前向きにご検討いただきたくお願い致します。


1.水俣病の裁判を闘い、最高裁で勝訴した山口紀洋弁護士を講師に
  勉強会(講演会)を開催。
  (福島市か郡山市と東京にて開催、いわき市も必要なら開催。)

   尚、弁護士の山口紀洋さんは要望があるなら何処までも行くとのご了解は得ています。
   政府の戦術・戦略を熟知している山口弁護士のお話しを聞く事は、今後長期間、国や
   東電と闘う上で非常に参考になるはずです。
   それぞれの訴訟担当弁護士さんにも声をかけて参加してもらい、弁護士さん同志の
   横の連携も必要では無いでしょうか・・・

   山口紀洋弁護士に関する記事
 http://www.necdirect.jp/navigate/direct/info/pcuser/index.html


2.福島県職員への放射能の健康被害に関する勉強会開催
  〜20mSvは絶対に受け入れてはならない〜

  放射線の健康被害がすべての問題(訴訟)の基本であろうと考えています。
  そこで崎山比沙子さんを講師として、福島県等職員(特に危機管理部、避難地域復興局、
  生活環境部、保健福祉部に)を対象としたセミナー(勉強会)を開催すべきと考えます。
  被災者(ひだんれん)の要望を福島県経由で国の対応を変えさせる近道では無いかと思います。
  特に主幹以上の幹部は是非受講させましょう。

  1回1.5〜2.0時間程度の講習会を3〜4回程度に分けて実施しては如何でしょうか?
  主幹以上対象と主任主査以下対象に分けたほうが良さそうです。
  出張が外出等で都合悪い人もいるでしょうから2日間(連続でなくともOK)実施する必要が
  ありそうです。

  尚、この費用は福島県庁もちにしましょう。
  (数部門にまたがるのでどこに提言するのが良いのでしょうか??秘書課?
   それとも各部の部長か各部の総務担当部門でしょうか?)


  解決の糸口を何に絞ってどのようにしていけばいいか?
  現在進行形である福島原発の被害は水俣(過去のもの)とは違った側面があります。
  裁判だけでは無く、現在進行形である状況(政府や県の一方的な県民への押し付け)を
  裁判と同時に打開の糸口を見つける必要があります。

  福島県庁職員が放射能被ばくによる健康被害やICRPの基準等科学的・医学的、国際
  基準の知見をまったく持ち合わせていない事が、国の言いなりになっている主な要因で
  あろうと考えていいます。
  この為に、国と交渉(彼らは交渉ではなく協議と言っていますが・・・協議でも無く一方的な
  押し付け)する彼らが、放射能に対する知識が無い為に、国が決めた事に対し何ら疑問を
  持たず、避難している人々の思いが全く理解できていないのです。

  20mSvで帰還させるという事が一体どういう事なのかが、全く彼らには理解できていない
  のです。従い、国が決めた事を粛々と県民に押し付ける事が彼らの仕事だと誤解している
  のです。
  福島県職員の知識が県民・市民の知識と大きく乖離しており、彼らがこの4年間まったく
  放射能の健康被害に関する勉強を行っていない事が、問題を大きくしていると考えます。

  そこで、福島県を味方に付ける事は強力な解決方法であろうと考えていいいます
  その為には県職員の論理武装(最低限の知識)させ、国の押し付けに疑問を呈し、国に
  物申す力と県民(知識あり)と対等に会話ができる事が必須です。

  

  ひだんれんを応援する会(仮称)一同
    (代筆) 
      二本松市 ×× ×


     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひだんれんを応援する会(仮称) 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる