人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京地検への怒り

<<   作成日時 : 2015/01/26 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島原発告訴団が東京地検に対し刑事告発していた
4名を不起訴処分とした。
これだけの甚大な人災を起こしながら
誰も刑事責任を負わないという・・・
検察を含めた日本の統治機構の無責任さ!
以下はメルマガの一部を転載


東京地検不起訴処分に対する団長声明
 |  大きな怒りを感じています  
 |  被害者に向き合わず、加害者の方を向いています。
 └────  福島原発告訴団団長 

                           2015年1月22日

東京地検による再度の不起訴処分に対し、大変憤りを感じています。
7省庁や推本など、国の機関が福島沖の大津波を想定するよう発表しており、
東電は貞観型の津波が敷地を超える可能性があり、対策が必要だという認識を
持っていたことが明らかになっています。

重要設備の高台設置や建屋の水密化をしても浸水被害を防げないとしていますが、
浸水をしても冷温停止にこぎつけるだけの対策がされていれば、被害は最小限に抑
えることができました。何も対策を取らなかったことの責任が問われなくてよいのでしょうか。
 どこまでを予見できたとするか、被害を回避できたかどうかを、地検の密室の中の
判断に任せてよいのでしょうか。
公開の裁判の中で判断されるべきではないでしょうか。
地検は一度目の不起訴処分の説明の際も、「東電は捜査に協力的だったから強制
捜査をしなかった」と答えるなど、被害者に向き合わず、加害者の方を向いています。

検察審査会の起訴相当の議決は国民の意思を表しています。
その議決を検察は無視したことになります。
再度、検察審査会の判断に期待します。検察行政のチェックを市民が行います。
市民による検察審査会の良識を信じています。
この事故の責任がきちんと司法の場で問われることを、被害者は心から望んでいます。



2.福島原発の大惨事・大被害をおこして、東電は無罪なのか?!
 |  検察は市民感覚と大ズレ。司法は死んでいる。
 |  東京地検の東電元会長ら不起訴は大まちがい
 └────ぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク
             
・何をしても(事故を)防げなかった(検察)というならば、今再稼働のためにしている
措置とは何なのか。再稼働は無理と検察が言っているのと同じだ(河合弘之弁護士)

・東電が2008年に最大15.7メートルの津波襲来を試算した。
原発企業は高度な注意義務が課せられる。東電が発電機の高台移転などの対策を
すれば防げた。(昨年7月東京の民間人で構成された検察審査会の結論)

・福島原発事故という大惨事・大被害をおこしていながら、どうして・なぜ東電は無罪なのか?!
これだけの新証拠が提出されていながら、どうして、東京地検は又も(=2回目だ)不起訴
としたのか!司法は死んでいる、今回の東電不起訴を見る限り少なくとも司法−検察は
死んでいる。


「司法は生きている」と安易に信用しては判断を間違える。
市民が粘り強く声を上げる→大衆的行動へ結びつける、「司法の信頼」が国民大衆から
疑われてきている、と彼らをして思わせるような私たちの行動こそがカギだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京地検への怒り 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる