人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連科学委員会へ質問

<<   作成日時 : 2014/11/26 17:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国連科学委員会(UNSCEAR)の報告書に対し
各界や専門家からの批判がでている。
先日も福島大学で開催された国連科学委員会の
報告会で質問した内容を再度メールでの質問をしてみた。

元WHPの委員が国連科学委員会を批判している記事
http://csrp.jp/posts/1898


国連科学委員会
プロジェクトマネージャ
××××さま


11月12日は福島大学ではありがとうございました。
事務局長のCrick氏に対する小生の質問とCrick氏らの回答(小生の理解)ですが、
再確認したくご回答頂ければ幸甚です。

@国連科学委員会は放射線のリスクは以下のどれを使用していますか?

・・・・・LNTモデル 補正後の値
ICRP:・・・ 1・・・・・ 0.5
BEIR:・・・ 2・・・・・・ 1
Gofman :4・・・・・・ ×

⇒Crick氏はあいまいな答えではありましたが、BEIRを採用している?との回答。
  更にBEIRの2と1のどちらかと問うとあいまいな返事。
一方WHOのレポートを参考に独自の視点を加えているとも・・・・???

質問1:本件に対して、再度確認したく間違った理解だとすればご説明をお願い
     いたします。

質問2:国連科学委員会は
     WHOのレポートをベースにしているとの発言でしたが
    WHOと国連科学委員会の評価レポート(報告書)の大きな差異は何でしょうか?

質問3:WHOと国連科学委員会で同じメンバーが重なっている事はありませんか?

A内部被ばくの影響は無いだろうとしていますが、内部被ばくに対してはあいまいな
答えでした。(ICRPのモデルを採用していると・・)
内部被ばく時に体内の摂取したBqからmSvに換算する係数については何を基準に
しているか?
ICRPはセシウムを体内で均一に摂取した条件でのモデル⇒Crick氏は同意していました)

質問4:国連科学委員会の内部被ばくに関する評価はICRPのモデルを採用しているか?
    あるいは独自の評価基準で実施しているかをお聞かせください。
    特に、Bq→mSvへの換算係数
    何故、内部被ばくの影響は無いと言えるのかの根拠も教えてください。

B東大の鶴田教授から『9月に環境省から発表された放射能のプルームの拡散結果が
このレポートには反映されていないので、考慮すべきだ』との意見に対しては
そのレポートを送ってほしいとの回答でした。

質問5(要望):是非このレポートを検証し、国連科学委員会の報告書の見直しをして
         頂きたくお願いいたします。

Cあくまでも、国連科学委員会としては、ある条件や仮説で科学的に検証して
現時点での報告書であり、必ずしも全て正しいとは言い切れない。(Crick氏)
確定的でもないこの報告書を日本政府や福島県が、政策・施策の根拠としている事
(一人歩き)が問題だと小生が指摘したら、Crick氏は困惑していました。

質問6(要望):日本政府に対して、報告書の不確実さや使用の仕方についての留意
         すべき事項を再度リマインドさせてください。

D国連人権委員会のアナン・グローバー氏は年間1mSvにすべきと言っています。
  日本政府はこれに対し科学的根拠が無いとして反論していますが、国内向けには
  科学的知見が無いとして20mSvを強要し、二枚舌を使っています。

質問7:何故国連科学委員会は年間20mSvを許容し、日本政府へ何らの提言を
    言わないのでしょうか?政治的な見解は言わないとの回答でしたが、政治的では
    無く、純粋な科学的・医学的・人道的な見解を出すべきと考えますが・・・如何でしょうか?

EICRP、国連科学委員会、内部被ばく等に関する記事(小生のブログ)をご覧ください。
作成した時期がまちまちですので、内容がダブっているものもあり、又若干怒りの
過激的な言葉が入っています事もご容赦ください。
この内容から福島県民の被害者としての怒りの心情をお察しくだされば幸甚です。

質問8:以下のブログや講演会の内容(ICRPや国連科学委員会に対する批判)に対する
    見解を聞かせてください。


弘前市の医師の講演会です。以下ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=rgUBXFeX-_o

【20mSvは詐欺行為】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-10-04

【ICRPの疑念】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-09-10

【ICRPの基準のウソだった】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-10-08

【ICRPの基準は捏造だった】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-02-04

【食事からの内部被ばく】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-02-17

【国連科学委員会の欺瞞】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2014-10-04


以上よろしくご回答いただければ幸甚です。


福島県二本松市
×× ×




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連科学委員会へ質問  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる