人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力マフィアの病(闇)〜阿蘇山噴火は富士山の300倍以上〜  

<<   作成日時 : 2014/10/04 15:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

地球の歴史を考えれば阿蘇山は約9万年前に約600km3、                                                  富士山は西暦1700年代に1.8km3の噴火。                                                               阿蘇山は富士山や磐梯山噴火の                                                                約300倍規模以上の噴火を起こしている。 

川内原発には火砕流が届く!
鹿児島湾は約3万年前に爆発し陥没してできた
半径20kmの『姶良(あいら)カルデラ』だった。
噴火の規模は450km3と富士山の容積とほぼ同じ
(富士山の噴火規模の約250倍)。
川内原発まで火砕流が届いている。
火山爆発のの予知はできない。
川内原発が安全だという根拠はどこにもない。
それでも川内原発を稼働させたいという方々(原子力マフィア)は
是非とも、以下の『そもそも総研』をご覧いただいた上で、
科学的な反論をお願いしたい。

http://www.youtube.com/watch?v=FralCUFtE2E&feature=youtu.be



                                                           
川内原発が噴火に対して安全だという                                                                       原子力規制委員会委員長の田中俊一や安倍総理はじめ原子力マフィアは                                                 この事について科学的な説明は何一できていない。                                              

これは福島原発の津波に対する危険が指摘されてきても、                                                     政府はじめ東電は何一つ津波対策を                                                      してこなかった構図とまったく同じ。                                                         同じ過ちを繰り返そうとする                                                                             日本の原子力マフィアは確信犯か?                                                                     それとも痴ほう症で病んでいるのか???


再稼働第1号」とみられている川内原発の周囲には、
火山活動によってできたカルデラや桜島がある。
原子力規制委員会は再稼働に向けた審査でゴーサインを出したが、
東大の荒牧さんは「規制委は火山の問題が決着していないのに『よし』と決め、
学術的に正しいと権威付けてしまった。
これはおかしい。 研究者として許される態度ではない」と疑問を呈する




画像



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力マフィアの病(闇)〜阿蘇山噴火は富士山の300倍以上〜   人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる