人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 自主除染の賠償期限付きやめよ!

<<   作成日時 : 2014/09/26 10:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

本日の福島民報新聞の『みんなのひろば』に                                              小生の投稿記事が掲載された。


【自主除染の賠償期限付きやめよ】

『東京電力は個人や事業者が自主的に行った除染費用を                                     平成23年3月11日から翌年9月30日までに実施したものに                                     賠償すると発表した。                                                             なぜ3年半も過ぎた今頃なのか、                                                      なぜ期限を限定したのかについて説明を東電に求めたが、                                       納得いく論理的説明は無く、総合的に判断したと繰り返すばかりだった。                               

放射性物質が24年10月1日から突如として消えた訳ではない。                                  環境省の除染ガイドラインの公開は平成23年12月14日。                                     福島市が除染を開始したのは翌年8月以降。                                                 ほとんどの市町村では未だに除染は完了していない。                                        除染を待てずに自主的除染を行なった 個人や事業者は多いはずだ。                              加害者である東電は一方的に賠償金額や適用期限を決定するのではなく、                           期限限定を止め全ての自主的除染費用を支払うのが                                         加害者企業としての責務だろう。                                                      

今も放射線量が下がらず健康不安を抱き、                                               移住を考えている家族も多いはずだ。                                                   東電及び原子力損害賠償紛争審査会には、                                               被害者の視点にたった良識ある対応を望みたい。』



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最も怖いのは国民の恐怖心を過剰に煽る反原発主義者。
関東大震災においても日本を混乱に陥れたのは当ブログ著者のような情報工作員だった。

未曾有の災害を被った今こそ国民の冷静かつ賢明な対応が求められる。

ここのブログ著者のような情報工作に負けてしまっては、福島は永遠に『ゴーストタウン』のレッテルを貼られてしまう。

http://sankaniokuru.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
会社員(30)
2014/09/27 06:09
会社員さん必死ですね
まる
2014/09/27 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
自主除染の賠償期限付きやめよ!  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる