人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線の影響は考えにくい!?

<<   作成日時 : 2014/02/23 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京・品川で開催され、環境省・福島県立医大等が主催する
『放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ』の2日目に参加。


福島医大の鈴木教授(甲状腺がん担当教授)へ以下の2つの質問を実施。

@福島県以外の3県で実施した甲状腺がん検診では悪性がん患者は
 見つかっていない(福島県は75名)が福島県と比較してどう思うか
  ⇒現在他の3県でも二次検査等実施中で、その検査結果を待ちたい。

A福島県の悪性がん患者の発症率は線量の高い、県北、県中には多く、
  線量の少ない県南は少ない(ゼロ地域もあり)が、この事をどう思うか?
  ⇒大きな差異はない。


といずれも現在の福島県のがん患者の原因は被ばく線量(たぶん外部被ばく)も
少なく、現段階では『放射能によるものとは考えにくい』を繰り返す事に終始。


注:3月12日から15日頃のヨウ素による外部被ばくおよび内部被ばくは
  放医研(福島医大が丸投げ)の被ばく線量推定値では、データの無い中で
  (文科省は16日?頃から測定開始)何を基に計算したのか、内部被ばくを
  どのように考慮(推定)したかは明確にしていないので、矮小化の可能性大。

    

『外部被ばくの矮小化』については以下をご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-04-11


線量担当の弘前大、福島医大の教授に確認も、この期間の推定は
困難とのあいまいな返事でした。

実効線量への換算係数『0.6』につても、会場から質問あったが
まともな説明・回答は無かった。


(福島医大の担当教授にメールで質問中)



画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線の影響は考えにくい!?  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる