人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 検察は行政だった!

<<   作成日時 : 2013/09/19 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京地検までもがふくしまを見捨て、踏みにじる暴挙!
これだけ甚大な被害をもたらした世界史上最大規模の犯罪事件を強制捜査もせず、
起訴しないと判断する東京地検!
結論ありきの単なるアリバイづくりの東京地検!!
まるで東電の代理弁護士になりきった振る舞い・・・
国民は東京地検に”レッドカード”を示し退場してもらいましょう!!
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-09-15


この小生のFBに掲示した記事に対し、法律や行政、原発に詳しい
人達から以下のようなコメントを頂いた。
この検察は司法ではなく、行政であったとは・・・

福島原発告訴団の弁護士の方々には
今後の戦略の練り直しが必要だろう!・・・

以下小生のFBの記事から一部掲載


【NMさん】
日本は放置(法治)国家です。
法律を、勉強してください。
放射能をたれながしても、これらの行為は、公害法から除外されています。
公害法に抵触しなければ、刑事罰則を課せることはできません、
したがって検察当局しては、起訴することは、きわめて困難である現実があるのです。
そもそも、CIAのスパイ正力松太郎は、
事故を起こせば莫大な補償を国はせざる得ないから、
放射線の被害は、国は責任を持たないように法律整備してから
原発建設を始めたのであります。
よって、これを司法で解決するは、まったくできないのであります。
これの解決の道は、立法による国会でのの議決しか方法の選択しは残されていません。


【NMさん】
弁護団も事故の本質を理解していないようです
公害法
環境法  大気汚染防止法
       水質汚濁防止法を勉強してください

これらを元に、刑事事件にならないのであります


【NGさん】
公害法、環境法は想定内について規制しているものです。
また、これらは放射能については対象外としています。


【Aさん】
現行法の枠組みの中だけで考え行動していては、
「本質を見失っている」との批判に耐えきれないでしょう。


【小生】
環境法は昨年あたりに改定され、放射能の汚染は罰せられるようになったと
聞いておりますが・・・??一体、国民はどうすればいいのでしょうか?
国会議員を動かし、法を改定してもらう事しかできないという事でしょうか?
 しかも子ども・被災者支援法のように超党派議員で・・・・・


【小生】
東京地検が起訴しなかった理由は”法律に記載されていない”事には
まったく触れていません・・何故なのでしょうか?
彼らの説明を検証し、福島原発告訴団の弁護士にアドバイス頂けるとありがたいのです・・・


【NMさん】
T(小生)さま
弁護士は、司法試験には、行政法は、ほとんど出題されません、
従って、行政の仕組みには、まったく知らないのです、
行政の仕組みと、行政に関する法律を、
検察庁は、三権分立では、司法にはいりません、

 立法
 行政
 司法 のうち、行政なのであります。
多くの弁護士は、司法に属するとみています。
ここがあやまりなのであります。
したがって、起訴できない告発で、刑事罰を与えようと考えるは
法の智をしらないのであります。
もし、これを知ってて、原告団に訴訟をそそのかすは
その弁護士は、詐欺罪に相当する罪を意識してほしい。

このコメントに、疑義をもつかたがおられるとおもいますが、、、、
これは、行政と戦ってきたものしか会得できない、
または、行政と対話ある政治を実行したものでないと
実感として湧いてこないのであります。


【NM】
治安維持法をたてに、戦時中、戦争反対を唱える、
人たちを警察の留置所へぶち込むで、2000人の逮捕者確保し
拷問で、300人の命を奪うを支持した、初代原子力委員会・委員長は、
CIAのスパイ、コードネーム「ボドム」正力松太郎は、
原子力発電がもし、事故を起せば、膨大になるをしっかり認知したうえで
そのときは、電力会社の経営者、それを監督する官僚たちに、
刑事責任がこないように、法律整備をして原発建設をまい進させたのであります。

ここに原点がありますので・・・
原発事故での論争は、司法・・・すなわち、裁判でたたかうのではなく
立法において、提起して新たなる法律の作成を
することが、緊急にその課題になっています。

訴訟することによって、問題解決の道が遠くになるのであります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
検察は行政だった!  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる