人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発被災地ツアーに参加して!

<<   作成日時 : 2013/07/06 15:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 0

富岡町の原発被災地ツアーに参加された方の
日記と感想を以下転載。
このような状況にありながら、原発の再稼働を目論む
輩たちに日本人の品格は微塵もない・・・
参議院選挙では”脱原発・卒原発”を目指す政党を
選びたい・・・日本人の品格・モラルを世界に示すとき!!

先ずは、ふくしまの現状に目を向けてください。
おのずと日本の歩むべき道の解が出てきます。

       −−−以下転載ーーー

福島の原発被災地は事故以来、放射能のせいで何も変わっていなかった
   「私たちを忘れないで欲しい」被災者の生の声を聞いてきました
 

 6/29に「福島第一原発肉薄ツアー」という日帰り行動に参加してきました。
今回は富岡町の視察と原発・除染の作業員の方との交流会です。

 Jビレッジで合流する方をピックアップし、富岡町にはいるとバス車内では、
皆の準備した線量計のアラームが一斉に鳴り出し、みるみる線量は上がって行き
ました。主催の方よりマスクが配布されたあと、富岡駅にて希望者は下車。
 ホームから海方面をみると、一面草原で、その所々に横転した車が点在してい
ました。

 富岡駅前の津波の被害を受けた商店街は異常な静けさで、かえってそれが怖か
ったです。
 偶然にも駅前には一時帰宅されたご家族(祖母、母、娘さん)がいて、役所から
借りた防護服をまとってらっしゃいました。
 お話が聞けたのですが「わざわざここまで来て、見て、頂いてありがとう。
私たちの家は無事だが放射能のせいで帰宅ができずにいます。そして今だにこの
状況だということを、皆に忘れ去られそうで怖い、放射能のせいで何も変わらな
いままなんだということをもっと知らせて欲しい」とおっしゃっていました。

 その後に除染作業現場を車中から見学し、四倉公民館にて原発、除染作業従事
者の方との交流会がありました。
現場作業者の実体験による生の話は衝撃的でしたし、耳を疑うものばかりでした。

 個人的な感想としては、立ち入り禁止区域との境目「この先は入れません」の
ゲートが人間の業のような気がしてなりませんでした。
原子力という人間の手で操れないものを、操り支配しようとし、過酷事故を起こ
したあとの現在でも、未だに支配をしようとしている人間の業。

 感情論ばかりでは話が進まないから、具体的に行動しなくてはと改めて感じる
とともに、今の被災地の現状も「現地に住む人にとっては何も変わってない」事
も伝えていかねばと思いました。
と、同時に同じことを繰り返さないためにも、再稼働を阻止し、稼働中の原発を
停止させていかねばならないことを感じました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
恋活部/出会い系サイト詐欺被害の返金なら≪あすなろ総合調査≫
? 恋活部? URL http://www.koikatsubu.jp/?? 料金プラン 無料制?? メールアドレス ?記載無し?? 運営会社 株式会社レインボー?? 所在地 記載無し?? 責任者 ミヤサキ ゲン??※当社にて相談の多い会社になります。出会い系詐欺・悪質サクラ被害の返金・解決はあ ...続きを見る
恋活部/出会い系サイト詐欺被害の返金なら...
2013/08/14 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発被災地ツアーに参加して!  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる