人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 復興大臣への公開質問

<<   作成日時 : 2013/05/15 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

13日の参議院予算委員会での根本匠復興大臣の無責任極まりない
国会答弁に対し、福島県民として以下の公開質問を出した。
1週間程度を目途に回答をお願いした。





根本匠復興大臣殿
                    
                                平成25年5月14日


日頃の復興に対するご尽力に感謝申し上げます。

13日の参議院予算委員会での根本大臣の国会答弁について、
福島県民として以下の如く ご確認したく、1週間程度を目途に
ご回答をお願いいたします。


@『専門的、科学的、技術的知見』とは何を指しているか?
  その知見はいつになったら結論がでるのか?
  政府としてどのようにその知見を収集・分析しているか?
  いつまでにその知見の結論がでるのでしょうか?
  (4か月前から同じ答弁を繰り返していますが・・・・)

AICRPの現存被曝状況(事故後)の1〜20mSvの“最大値”を
 いつまで適用するのですか?
 いつまで放射線管理区域にふくしまの子ども達や福島県民を
 放置しておくつもりですか?
 これは人権侵害、法律違反、憲法違反です。速やかに違憲状態を
 解消してください。
 いつまでも福島の子ども達に被曝を強いている事は許容できない暴挙!
 (福島選出の大臣とは思えない答弁に失望しました。)

C政府がよりどころとしているICRPは内部被曝を矮小化。
 ICRPが信用できない理由は以下をご覧ください。
 http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-09-16-1
 これでもICRPを信用しますか?

D政府によって、ふくしまの子ども達はモルモット化され、
 福島県は人体実験場となっているのです!
 将来子ども達に病気が発症しても”放射能の影響とは考えにくい”と
 政府に片づけられ、何の補償の得られない事が危惧されます。
 福島県人として本当にこれでいいのでしょうか??命との闘いです!!
 誰一人として責任ある回答は今までもしていないし、
 健康被害が出ても政府は責任を取らないのでしょう!
 健康被害が出たときに根本大臣はどのような責任を取りますか?


 尚、この質問は公開させていただきます。


     ふくしまの子ども達を救う会
      代表 ××  ×



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
復興大臣への公開質問  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる