人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発告訴団総会

<<   作成日時 : 2013/04/28 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年6月に福島県民1,324人が第1次告訴
そして11月に全国の13,262人(計14,716人)が
第2次の福島原発の刑事告訴を実施。

更に、『厳正な捜査と起訴を求める緊急署名』
に全国から107,848筆が集まり地検に提出。

今年2月には東京地検前に約700名が取り囲んで
早急な強制捜査と起訴を訴えた!
福島地検前でも3月〜4月にかけて、告訴人が
『激励』の訴え行動を実施。

担当弁護士からの情報によると・・
告訴状は『預かり』から『受理』となった。
この事は検察庁が『捜査し結論を出す』という事。
福島地検と東京地検が合同捜査本部を作り
多くの検察官が捜査に投入されている。

未だ強制捜査は行われいないが、
東電から事故後のビデオ会議記録など含めた
重要証拠の任意提出を求め、その分析を進めている・・・

もし、検察官が不起訴とした場合には裁判所の組織である
福島検察審査会で審議される事が決定している。
この場合は舞台を移しての新たな闘いの始まりとなるだろう!!


【東電を起訴せよ!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2013-03-20

【14716人の闘い!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-11-16


第2回の福島原発告訴団総会が郡山市で開催され
全国から300名弱の告訴人が参加し議案が可決された。

事務局の苦労は計り知れない。
14000人以上もの告訴人に情報提供するだけで大変な作業。
これだけの控訴人を全国を行脚しながら集める
ご苦労は大変な事だったはず。
事務局のみなさんありがとう!!

”善良”な日本国民と東電・政府・原子力むらの”悪”との長〜い闘い!
ここでくじけるわけにはいかない・・・
”つないだ手は離さない”最後の武藤団長の言葉に目頭が熱くなる・・・


以下の決議文が採択された。

         −−−決議文の一部ーーー


                【前略】

巨大な事故を引き起こした政府や企業が何の責任を問われなければ
法治国家としての土台は崩れさり、日本社会の信頼は損なわれます。

                【中略】

この国に生きるひとりひとりが尊厳され、大切にされる新しい価値観を、
若い人たちや子どもたちに残せるように、手を取り合い、立ち向かって
いきましょう。

                               2013年4月27日
                     福島原発告訴団 総会参加者一同



総会でみんなで歌った歌詞の一部
           
  【われら ゆるがず】

1.われら ゆるがず
  われら ゆるがず
  水辺に立てる木のごとく
  われら ゆるがず

2.東京電力 ゆるさず
  東京電力 ゆるさず
  水辺に立てる木のごとく
  われら ゆるがず


  あいさつする武藤類子団長


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発告訴団総会  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる