人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 霞が関の事故責任を問う!

<<   作成日時 : 2013/03/14 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原子力委員会の委員長代理のFB上で
原発事故の役人の責任についての議論をした。
『元保安院は自首せよ!』
霞が関役人の事故責任を問う


【委員長代理】
米NRCマクファーレン委員長、福島事故の教訓は
「過信は禁物。未知(想定外)の事態に備えよ」。100%同意。


【小生】
原子力委員会としはどのように”未知の分野”に備えているのでしょうか?
又規制委員会は事故から何を学んだのでしょうか?
規制庁の役人の課長以上は元保安院の”無能な”人間達・・・
まったく何も変わっていない・・・
元保安院の役人は”自首せよ”!!と言いたい!


【小生】
未知の分野、それは原子力ムラの面々にソクラテスの
「無知の知」を教える事から始めたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9


【Hさん】:大学教授
国会事故調査委員会、いわゆる黒川委員会の報告書を読んで、
「仏作って、魂入れず」の感を深めました。
東電の利益重視で、東電はなんのために利益をあげるのに
一所懸命だったのでしょう?根源的な問のような気もします。


【Nさん】:原発防災専門家
元保安院の役人は自首せよというのはいかがなものか。
法律違反をすれば、罪となり自首しなければなりません。
元保安院の役人は法律違反しているとはいえません。
無能であることを罪とする法律はありません。
東電は、原災法違反をしています。


【小生】
当然東電の関係者は自首すべきです。
役人は東電の”虜”になったわけですから、民事的にも倫理的にも
そして何よりもこの事故を防げず、国民を被曝させ、数多くの人が
亡くなっている事からも、”刑事罪”を犯した事は明確です。
法律は役人がつくるわけですから、自らの責任になるような
文言は入れません。
薬害エイズの問題も役人がその刑事責任を問われています。
ふくしま原発告訴団でも保安院はじめ役人も告訴されています。
無知・無能な役人が権力だけを行使すれば、このような大きな
事故の発生や破綻につながる事は明確です。


【Hさん】
自首せよというと刑事罰に問うことになります。
しかし、私は黒川委員会の報告書の肝は、個人の問題というより、
日本の組織の問題であり、日本的な風土の問題であることだとおもいます。
これをきちんと分析し、次の事故の発生を未然に防止することに
生かして欲しいです。
検察が捜査に入ると、資料がすべて押収され、こうしたことが
やりにくくなります。
航空事故調査委員会のような、この教訓をいかす調査を
やることがまず最優先で、個人の犯罪を問うことは次だと思います。
黒川委員会の報告書の印象は、個人個人は与えられた
ポジションの中で精一杯やったけれど、こうなってしまった。
何が原因なのか、日本の組織がもっている問題点をあぶりだした意味で
私は高く評価しています。
保安院、東電の問題は多かれ少なかれ、日本の組織に見られる病理だと思います。


【Nさん】
罪を指摘するには、どの法律の何条に違反しているかを明確にしなければなりません。
東電が原災法違反をしているので、それについて追及すればよいのです。
犯人が特定できない場合は最終責務を負う国を追及することになります。
福島原発事故では原災法3条の責務を東電が違反したため10kmを超える
災害となりました。
10km以内であれば、国の防災対策は問題なく実施でき国の責任は
生じなかったわけです。
また住民が帰還できないという状況にはなりません。
追及すべき犯人を多くの人に拡大すればするほど、論点が不明確になり、
だれが罰すべき犯人かわからなくなります。


【Nさん】
国会事故調の調査結果は部外者が初めて知ったことです。
当事者は、組織の問題であることは、原災法制定時点では認識していました。
それまでに多くの事故、不祥事が日本で発生し、検証されてきました。
JCO臨界事故は原子炉等規制法違反でしたが、法律違反まで起こると
いうことが認識されました。
それを踏まえて、原災法が制定されました。
もちろん、常に第三者の検証は必要です。


【小生】
”日本の組織に見られる病理”では済まされな問題です。
刑事責任を追及しなまま終わらせる事は被曝や避難を強いられている
ふくしま県民にとっては許されない事です。
徹底的な検証を検察や司法に期待します。
この事ができなければ、日本の民主国家が崩壊します。
日本人の正義感が許しません!
この徹底した刑事責任の追及が日本を強くするはずです!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霞が関の事故責任を問う!  人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる