人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 文科省の大罪(3)!!

<<   作成日時 : 2012/08/26 18:54   >>

面白い ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

文科省前での××元裁判官のスピーチ(以下の追加メール)で
明らかとなった事は更なる"文科省の大罪”。

『国会の事故調の報告(報告書463〜465頁)で
次のことが明らかとなった!
「文科省は平成23年4月6日、原子力安全委員会に対し
福島県内の小学校などの再開に当たっての
安全性等について助言を依頼した。
原子力安全委員会は、空間線量率の低くない地域での
再開について十分検討するべきと回答し,
その線量率の参考値として、年1ミリシーベルトを提示した。

納得しない文科省は、原子力安全委員会に再び同内容の
助言を求めたが安全委員会は、前回の回答どおりと回答した。  

そこで,文科省は助言依頼の方法を改め
学校の再開の基準をICRP2007年勧告の定める
年20ミリシーベルトとすることについて
原子力安全委員会に提案した。

原子力安全委員会はこの勧告の値は制限的に扱うべきであるし
仮にこれに従うとしても、内部被ばくも考慮すべきだから
外部被ばくだけならその2分の1とすべきと いう助言をした。

しかし、文科省は内部被ばくは無視できる程度に小さいと
独自の計算をした上で4月19日、20ミリシーベルトを
基準とすることを決定した。』


子ども達を守るべき文科省が子ども達に被曝を強いる事は
あってはならないはず!!文科省の大罪!!


うやむやのままでは福島県民は浮ばれない!!

命と健康を無視した文科省と
徹底的に闘う姿勢を示す必要がある!!
二度とこのような事が起きないようにする為にも・・
徹底的に闘う事(明らかにする事)が福島県民や
子どもを守る全国の市民団体の責務・・・!


全国のみなさまのご支援をお願いしたい
文科省には以下の公開質問が必要だ!!
(市民団体のみなさま、やっていただけませんか?)


【公開質問骨子案】


1.原子力委員会や原子力安全委員会の助言を無視して
  年間20mSvと判断した経緯とその判断根拠 
  
2.原子力安全委員会が外部被曝は2分に1にすべきと回答
  したにも関わらず、内部被曝を独自の計算で、内部被曝量を 
  無視した事が明らかとなった今、『独自の計算』について
  その手法と計算結果について開示させるべき


現在、WBCの検査結果において、
多くの子ども達が年間1mSv以下とする福島県からの発表と、
この文科省の計算結果に矛盾がないように
コントロールされている可能性も否定できない!!


これまで文科省は看過できない多くの”大罪”を犯してきた!!
以下はその記事!


【文科省よ!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-05-03
【この国は滅ぶ!!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-12-09
【文科省の大罪!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-10-18
【文科省の大罪(2)】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-12-11
【この国の官僚ども!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2012-02-12
【文科省の罪】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-04-27
【文科省に異議!】
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-05-01



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文科省の大罪(3)!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる