人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電の民事責任!

<<   作成日時 : 2012/02/13 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東電の民事責任についてのたんぽぽ舎からの
メルマガ記事を転載する。

東電の刑事責任は以下参照
http://49981367.at.webry.info/201202/article_3.html


   ─汚染者負担の原則は東電を許さないー
                (核開発に反対する会代表)

   【民事事件としての福島原発事故】

 民法第709条には「故意または過失によって他人の権利
または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって
生じた損害を賠償する責任を負う」とある。

 すなわち、故意または過失による損害は、民法第709条に
よって東電には賠償する義務がある。
これを国が肩代わりするなどは憲法違反である。
 民法第710条には、「(略)前条の規定により損害賠償の
責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償を
しなければならない」とある。

したがって、一切の損害に加えて、相当の慰謝料を加算し、
全国の裁判所で犯罪者東電に請求する。

 現状では、原子力賠償法により、原子力事故の賠償は
事業者の無過失でも賠償することになる。
しかし、今回の事故は、すでに述べたように、東電の未必
の故意および/または業務上過失による事故である。
その場合は、無過失の賠償ではなく、民法第709、710条で
定めた故意と過失による損害賠償の責任を問うことになる。

 最終的には、東電は、所有する発電所や送電設備など一切
の有価資産を売却してこの賠償にあてる。
東電は、事故の7カ月前に保険契約を解除しており、なおさら
である。

 このようにして東電には売る資産が一切なくなり、所有する
物件が事故を起こした福島第一原発と放射能汚染で売り物
にならない第二原発だけになった時、初めて東京電力は国有化
され、賠償など必要費用は国庫負担となる。
現実において「実質的国有化」などとごまかして、犯罪者東電を
政府が支援するなどもってのほかである。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原発告訴団結成!!
福島原発事故は人災!! ならば、事故を起した責任を問わなければならない! その責任をただす為の告訴団結成に向けた 集会が開催される!! ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2012/03/01 18:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電の民事責任! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる