人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 東電の大罪!!

<<   作成日時 : 2011/12/03 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008年に東電内で、福島第一原発に
想定を大きく超える津波が来る可能性を示す
評価結果が得られた際、
原発設備を統轄する本店の
原子力設備管理部が、
現実には「あり得ない」と判断して動かず、
建屋や重要機器への浸水を防ぐ
対策が講じられなかった。

新たな津波評価を受け、
原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討。
その際、原子力設備管理部は
「そのような津波が来るはずはない」と主張。

評価結果は学術的な性格が強く、
深刻に受け取る必要はないとの判断。
同本部の上層部もこれを了承。

当時の管理部の部長が
吉田昌郎現福島第1原発所長。

東電は08年春、明治三陸地震が
福島沖で起きたと仮定、
想定水位5.7メートルを
最大で水位10.2メートル、
浸水高15.7メートルの津波の
可能性があるとの結果を得た。

「評価結果をきちんと受け止めていれば、
建屋や重要機器の水密性強化、
津波に対応できる手順書作りや
訓練もできたはずだ」と指摘。

以上毎日新聞11月28日号より抜粋


判断した吉田昌郎と了承した東電の大罪!!
『木をみて森を見ない』東電や国の体質が
今回の大惨事を起こした責任は重大!!
当時の副社長らの無責任さよ!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東電の大罪!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる