人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜市長殿

<<   作成日時 : 2011/11/07 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふくしま県民が今苦悩している。
今まで、横浜市に電気を供給してきたふくしま。
このふくしまに今こそ"恩"を返す時!

札幌市、神戸市、京都市といった政令都市は、
ふくしまからの自主避難者に暖かい手を差し伸べている。

横浜市には30年以上も住んで来た。
そんな横浜市には、この苦悩しているふくしまに
他のどの自治体よりも支援の手を差し伸べて欲しい。
そんな思いから横浜市長宛てに以下のメールを出した。


横浜市長殿


昨日は横浜市のふくしま支援に関する現状報告
ありがとうございました。

ふくしまの怒り、痛み、苦しみ、不安、葛藤をご理解いただき、
他の自治体等(東京、札幌、神戸、京都等)を参考にしながら、
横浜市(横浜市民としても)としてできる事を
実施していただきたくお願いいたします。

例えば

・福島県への観光旅行者には市として補助金を出す。
・自主避難者への住居の提供と職業の斡旋
・健康・心のケアの為の医師派遣
・ふくしまの農産物や物産展フェアの開催・支援
・市の地下食堂での福島の野菜や米の使用
・除染の為の人的支援(シニアボランティア募集等)
・除染の為の技術提供企業への補助金制度
・福島の現状(苦しみ等)を市の広報誌で知らせる
・広報誌での福島支援策の公募
・横浜市内に避難しているふくしま県民へのきめ細かなケア

以上よろしくご検討いただきたくお願いいたします。


「通販生活 秋冬号」に記載のメッセージ

   ー原発を語るときー

廃止論であろうと
再開論であろうと
原発を語るときは
心を福島に置いて語る習慣を身につけよう

福島でつくられた原発電力は
東京で消費されたから
つまるところ福島の子たちは
東京の子たちの身代りになった
福島の親たちは
東京の親たちの身代りになった

大阪で消費される原発電力は
どの県でつくられているのだろう

五年後の甲状腺ガン
十年後の白血病が
春夏秋冬気にかかる

福島の子たち親たちを棚に上げて
原発を語ることの恥ずかしさよ』


----ここまでがメールの概要-----


上記は他の自治体にも共通する事。

是非、全国のみなさまのお住まいの自治体へも
お願いしていただければと思うものです・・・

そしてみなさまにも、福島の現実の情報発信や
デモや集会への参加等で、自らの意思を行動で
示していただければと思うものです!!

今、世界は変ったのです!!
今こそ『ひまわり革命を!』
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2011-09-17




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜市長殿 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる