人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 原子力委員会へ要請

<<   作成日時 : 2011/11/18 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふくしま会議で意見交換した
原子力委員会委員長代理宛に
本日、以下の要請メールを送った!!


内閣府
 原子力委員会
  鈴木達治郎委員長代理殿
   cc委員会メンバー殿


いつも迅速なご返信に感謝申し上げます。

以下はお願いです!!

直ぐにも発生すると予測されている房総沖を震源地
とする大地震に対し、一刻も早く、福島〜東海地域の
原発全てを停止いただきたくお願いいたします。
(現在は全て停止中と理解)

それ以外の原発に対しても、地震に対して安全度の
低いものに関しては即刻停止するようにお願いいた
します。

新たな原発事故が発生すれば、日本は沈没です!
日本国債が暴落し、日本国家が破綻し、ハイパー
インフレ、世界恐慌へと進むでしょう!!

茨城県から房総半島沖にかけたエリアにまもなく
大地震が発生すると予測されています。
福島原発をはじめ、他の原発も地震・津波対策が
十分に取られているとは思えません!!
福島原発に更なる追い討ちがかからないよう、
しっかりした対策をとってください!!

地震や津波の高さの想定があまりにも、あまりにも
いい加減すぎます!!論理が破綻しています!!
到底、科学者や技術者が行う論理ではありません!!
許されるべきものではありません!!!(怒り!!)

ストレステスト第一弾として関西電力大飯原発3号機の
「一次評価結果」は「茶番劇」そのもの!!
特にすごいのは津波について。
福島第一発電所の設計津波高さが5.5m。
実際は15mでその差9.5mであったことから、
大飯発電所の評価値1.9mに9.5mを足し
11.4mまで、緊急安全対策としてのシール
施工を実施済みという・・・

この9.5mにどんな根拠があるのでしょうか?!!
地形も地震や津波の規模も異なるはずなのに・・・
あまりにもばかげた論理・・・技術者としてのプライドも
無いのでしょうか??!!論理が破綻しています!!
(日本の原発はこの程度のレベルなのか!!)

その報告書を精査・検査すべき原子力安全・保安院は
「ストレステスト」の評価に対して何一つ指針も基準も
待ちえず、各電力会社が今後報告する各「ストレステスト」
の報告書を見てから考えるという、お手盛り状態・・・

こんな、素人集団『原子力安全・保安院』に国民の命を
委ねる事はとてもできない・・
このストレステストを信頼できるはずもない・・

先ずは、地震・津波対策が完了するまでの再稼動など
有り得ませんし、ストレステストの欺瞞を第三者機関で
明らかにさせるべきです。

至急、南東北から東海地域の原発全てを大至急
停止してください。


今回の地震でJRの新幹線は一本も脱線しませんでした!!
原発は青森から茨城までの5つの原発が破壊されたのです。
この技術レベルの差は歴然です!!
(この件は武田俊彦教授が指摘:以下のブログご参照ください)


ふくしまの子ども達の命を救う会 代表
ふくしま絆プロジェクト推進の会 代表
  二本松市(横浜市)  ××  ×



ーーー以下は週刊現代に掲載された記事の抜粋ですーーー

「まもなく大地震が来る」

http://49981367.at.webry.info/201111/article_13.html


ーーー以下は武田俊彦教授のブログです。ーーー

「新幹線はセーフ原発は爆発、この違いは?」

http://takedanet.com/2011/11/post_0851.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原子力委員会へ要請 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる