人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 細野原発担当大臣

<<   作成日時 : 2011/11/16 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日も吠えた!ふくしまの鬼になった!!
除染がまったく進んでいない!!
それぞれの機関や役所が自らの責務を果たしていない・・
遅い!!命がけで仕事をしていない!!
福島県民はいま命がけで闘っているのに・・

以下の4名(機関)に除染等について強く要請した。


【細野原発担当大臣(秘書)への要請】

1.除染がまったく進んでいない。
  市町村に除染計画を提出させ、すべて国の
  責任を回避している。
  各自治体もすぐ動ける除染の事業者が
  見つからず見通しが立たず困っている。
  このままでは除染は30年かかる。
  この状態を打開するには、1万人規模の自衛隊に
  除染を実施してもらう以外に手段は無いはず・・・
  是非、1万人規模の自衛隊をふくしまに派遣し
  この有害物質のガレキ撤去を早急に実施して欲しい。

2.除染研究所の早急なる設立を!!
  未だに除染技術が確立していない。
  除染に関する英知を全世界から集約する、
  受け入れ態勢と研究・検証・情報発信の機能が必要。
  是非、予算を取り、世界中から人材や英知を集め、
  除染技術の確立を早急に行うべき!!
   一次保管場所の安全基準の作成やチェックも実施すべき

3.細野原発担当大臣にはふくしまに住んで欲しい。
  これが復旧を促進させる事につながる。
  少なくとも週3日間はふくしまに滞在するように・・

   →秘書からはしっかと大臣に伝えるとの回答。


【福島大学副学長への要請】

1.チェルノブイリの原発事故調査団の報告会を
  (できれば国や県への提言を含めて・・)
  福島大学で実施して欲しい。

   →12月中旬に開催するとの回答を得た。
    (あまりにも遅い!!)


【内閣府の原子力委員会委員長代理への要請】

1.”ふくしま会議”で要請した以下の内容をメールでも要請した。

  http://49981367.at.webry.info/201111/article_11.html

   →しっかりと国の関係機関へ伝え、微力を尽くすとの返事。
    (除染の為の自衛隊の派遣や予測されている千葉県沖地震
     に対する原発への対策を更に要請予定)


【福島県の関係部門への要請】

1.チェルノブイリに県独自の調査団を派遣し
  県として、今後の県民の健康被害を見極めし
  避難等の判断(国への提言含め)や
  それぞれの部門で、新たな放射能対策を
  早急に策定せよ!!

   →検討するとの返事

2.除染に関しては一向に進んでいない。
  解決する手段は自衛隊の派遣要請しかない!!
  県知事の仕事として、国へ要請すべきではないか!!

   →検討するとの返事


福島県民の怒り、苦しみ、不安、葛藤が極限にきている。
このまでは福島県が無くなるとの危機感や
県民の置かれている状況が彼らには理解できていない・・・

彼らの仕事ぶりを今後もフォローアップしていく・・ 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
細野原発担当大臣 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる