人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 文科省の大罪

<<   作成日時 : 2011/10/18 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

3月17日から文科省は福島県内の
放射線量を車で測定し始め、
その結果をHPに貼り付けた。

最も高い線量は浪江町津島の赤宇木地区の170μSv/h。
(当然、爆発直後はこの倍近くはあったはず)
この数字に驚愕し,文科省のモニタリング担当部門にTEL。
『この実態は福島県や浪江町の人々に
知らせているのか』と確認したところ、

『我々はただ測定し、その結果をHPに貼り付けるだけ』
と回答。・・・・ならば、
『官邸や福島県にこの結果を報告しているのか?』と問い詰めたが
『避難させるかどうかは、政府(官邸)や福島県が決める事!!』
と積極的に報告はしていないとの事。

人命を無視した無責任な文科省に呆れ、
怒りをこの担当者にぶつけた!!

その後福島県の災害対策本部にもTELし、
この事実を報告・・・
しかし、その情報が浪江町民に知らされたかどうかは不明・・

その1.5ヶ月後にテレビで浪江町民の一次避難先が、
最も線量の高い津島支所周辺と知って驚き、
あまりにも国や県の無責任さに愕然!!

福島県の担当者は涙を流して、浪江町長に謝ったとの事。
国や福島県が事前にこの事実を知っていたとすれば、
なぜ住民に知らせなかったのか、
避難をさせなかったのか!!

文科省はSPEEDIで情報を掴んでいたにもかかわらず、
最も線量の高い地域に住民を避難させてしまった!!
これは国と県の”殺人行為”!!
この責任は追及されるべきもの!!!

文科省内で経緯や原因を検証し、
その結果を国民の前に明らかにして欲しいと
森ゆうこ文科省副大臣に依頼した。


そして以下は福島県の農家の女性のブログ

女性は以下のメールを親戚から受け取った。


『**の家は浪江町の津島にあります。

おばの娘夫婦の家は南相馬市小高区です。

いずれも高放射線であり、120ミリシーベルト以上は

被 曝したものとみられます。

私自身、この真実を混乱に気をつけながら伝えて

いこうと思っております。 』


そして、このメールに対し女性は

『胸がつぶれそうなほど、驚きました

そして、怒りと悲しみが、一度にやってきました

こんなことがおこっていたなんて・・・・・

3月11日から、 福島で、 たくさんの たくさんの人たちが

こんなことになっていたなんて・・・・

福島原発事故にかかわった人たち

多くの人たち 自分さえよければいいと行動した人たちは

今、どんな気持ちでいるのでしょうか?

そして、 そんなひとたちも被爆しているかもしれないのです

悲しい事実です


福島県民全員に封筒が来ました

「県民健康管理調査」です

3.11からのすべての行動を書かなくてはいけません

これで 被爆者の数も明らかになっていくことでしょう

悲しすぎます 。そして、くやしすぎます


広島や長崎の被爆とは 大きく大きく異なる被爆です

この事実を どうか、日本中の皆さん 他人事だと思わないで

真剣に受け止めてください


そして、2度と同じ過ちを繰り返してはいけません

原発事故の放射能の恐ろしさを

もっと、もっと、真剣に受け止めて、

考えていかなくてはいけません

無知だったゆえに被爆してしまった

無知だったゆえに被爆させてしまった

日本人全員の過ちです 』


『文科省の大罪』は いずれ検証されなければならない!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
文科省よ!!!
文科省が作成した小・中・高校向けの 放射能に関する副読本の評判が悪い。 4月23日の朝日新聞(西部本社版)の「声」欄に 「放射線効能うたう冊子に怒り」という 主婦の記事が掲載された!! 放射能は自然界にもあり、恐れる事は無いと 子ども達に被爆を強いるような内容・・・ 文科省版副読本に「NO」を!! こんな文科省の副読本に対し 福島大学放射線副読本研究会(教員有志のみなさん)が 福島の現状も踏まえ、冷静に公平に 執筆された副読本のアンサー版がすばらしい。(以下) http://bit.ly/... ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2012/05/03 18:16
文科省よ!!
文科省が作成した小・中・高校向けの 放射能に関する副読本の評判が悪い。 4月23日の朝日新聞(西部本社版)の「声」欄に 「放射線効能うたう冊子に怒り」という 主婦の記事が掲載された!! ...続きを見る
人生二毛作の田舎暮らし
2012/05/04 10:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文科省の大罪 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる