人生二毛作の田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 暫定基準値を下げよ!!

<<   作成日時 : 2011/10/01 09:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島県二本松市・小浜地域のコメから
国の暫定規制値と同じ1キロ当たり
500ベクレルの放射性セシウムが
予備検査で検出された。
小浜はふるさとでもある。

しかし、同じ小浜でも未検出の農家もある
あまりには同じ地域でも幅が大きすぎる。
土壌の質によるものだろうか?
粘土質が多い土壌はセシウムが粘土に
吸着され、米には吸収されにくい・・・・

原因調査を県農業総合センターに依頼した。
今の、モニタリング方式が破綻して
いる事は明らかなのに・・・
未だに、このやり方を踏襲する国と県・・・

ふくしまの米や野菜が消費者に受け入れられるには
国の暫定基準の500ベクレル/kgを
ウクライナの基準値に近い50ベクレル/kg程度に引き下げ
全農家を検査し、その結果を数字で示す事。
国がやらなければ福島県単独で実施する。
基準値以上のものは国や東電、あるいは
県がすべて買い上げなければならない
この事を福島県の担当課長に提言した。

さもなくば、会津地方のふくしま米まで
売れなくなる!!
80%以上の消費者が測定結果の
ベクレル表示を希望している
店頭に測定器を置き、野菜や米、肉等に
ベクレル表示したスーパーの売り上げが伸びている。

今国や県が実施している事は
農家も消費者をも苦しめている。
これ以上、こども達に被曝させてなならない。

今、消費者は自らの判断で
米、野菜、肉・魚等の食材を選択する知識と
判断力が必要となった。

TBSのみのもんたの番組『朝ズバ』で
「二本松市は原発から30キロ以上も離れており、
避難地域外なので賠償の対象外」
「今年春の作付け前の土壌検査では
問題なしとされ、今年の米作りが始まった」と

みのもんたは「春の検査で大丈夫だったものが
賠償の対象外は無責任ではないか」と語気を強めた。

セシウムが検出された農家と電話で結び、
みのが「今のお気持ちは?」と問いかけると、
農家は「爆発しそうな怒りを感じている。
東電からはいまだに何の連絡もなく
賠償もされないとなったら、自分たちは
どうしていいのかわからない」と

みのが「このお米はどうするのですか」と問うと、
農家は「処分するしかない。
これから本調査をするということだが、
例え規制値を下回った結果が出ても、
誰も買ってくれないでしょう」と落胆。

みのも「今の役員には全員辞めてもらって、
東電をニュートラルな企業に変えるしかない」と

国は早急に暫定基準値を下げ
東電は農家に基準値を超えたものは
すべて買取り補償を行う事を提言する!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暫定基準値を下げよ!! 人生二毛作の田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる